俳句が火星軌道に到達した:俳句を乗せた探査機「MAVEN」(動画あり)

写真拡大

火星の上層大気を調査する探査機「MAVEN」が、公募で選抜された俳句(英語3行詩)を乗せて、無事に火星軌道に到達した。動画も紹介。

「俳句が火星軌道に到達した:俳句を乗せた探査機「MAVEN」(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

一般公募で選ばれた俳句を乗せた米航空宇宙局(NASA)の探査機が、10カ月にわたる旅を終え、火星軌道に無事に到達した。

2013年11月にケープ・カナヴェラル空軍基地から打ち上げられた探査機「MAVEN(Mars Atmosphere and Volatile Evolution)」が、火星を目指して10カ月飛行してきた距離は約7億1,100万kmに及ぶ(以下の動画)。

MAVENには、実験装置を満載した機器のパッケージ3個のほかに、一般公開による投票で選抜された俳句(haiku:英語の3行詩)たちが「乗船」している。

宇宙に送り込む3行詩を決めるコンテストは2013年7月に行われ(日本語版記事)、世界中から39,100件の応募があった。公募サイトによると、2投票以上を集めた作品はすべてDVDに収められ、MAVENに搭載されている。同サイトでは現在、ネット投票で1000投票以上の人気を集めた5作品や、NASAチームが選んだ作品などを紹介している。以下は人気作品のひとつだ。

It’s funny, they named
Mars after the God of War
Have a look at Earth

不思議なことに、火星(Mars)という名前は
「戦争の神」から取られた。
地球を見てごらん

──ベネディクト・スミス(英国)

MAVENは、火星の上層大気の調査専用に打ち上げられた初の宇宙船で、現在は調査用の各種機器を使用する準備を進めている。火星の大気を詳しく監視することにより、火星の歴史や現在の気候、生命を維持できる可能性などの徹底的な調査が可能になることをNASAでは期待している。

TAG

HaikuMarsNASAVideoWiredUK