101円20〜30銭の支持線の上で買い、25銭上昇して利益確定、決済後に25銭下がったら再度の買い、25銭幅で決済を繰り返す戦略。下抜けしたら強いトレンドが発生する可能性があるので、下方向の注文も発注する
チャートに張り付くだけがトレードではない。自分のトレードスタイルが見つかれば、それに合った自動売買を行うのも手。今、そんなほったらかしFXがブームなのだ!

◆裁量と自動売買の中間=トライオートは週末発注&放置!

「シストレは任せっぱなしで物足りなさもありました。それで始めたのが『トライオート』」でした。

 そう教えてくれたのは、裁量取引でのデイトレもシストレもこなす主婦トレーダーの“プチほったらかし派”ゆきママさん。5年前に10万円で始めたFXで、1000万円近い利益を稼ぎ出している。で、そのトライオートとは?

「インヴァスト証券が提供している取引システムで、裁量とシストレの中間のような注文機能です。予想をするのはあくまでも自分だけど、個々の注文発注は自動的にやってくれるんです」

 イメージを掴むには実際のチャートを見たほうが早いかも。図では101円20〜30銭を強力なサポートに上昇すると予想したゆきママさん。このとき、「成行で買い、25銭上がったら利確。損切りは25銭下。決済後に25銭下がったら買い、25銭上がったら利確」と、売買を繰り返してくれる。トライオートを使うと、押し目買いや高値ブレイクの買い、レンジの天底狙いといった手動じゃないとできなかったような取引を自動化できるのだ。

「週末の間に前週の動きを確認しながら翌週の相場をざっくり予想して、月曜日に予想通りに動いていたら注文を入れています。レンジ相場では細かく売買させて、レンジを上下に抜けてトレンドが発生したら、ついていくようなことも、トライオートならできる。雇用統計前には注文を停止したりはしますが、一週間はほったらかし」

 して、その成果は?

「ごくわずかのお金しか入れてないので、まだ1万円程度の利益ですが、ゆっくりと増えていっています。FXって相場がイメージ通りに動いても、メンタルが邪魔をして、その通りに売買できないことも多いですが、トライオートは戦略通りに売買してくれる。メンタルが弱い人にもオススメです。それにトライオートはキャッシュバックキャンペーンが多いのも魅力。これならノーリスクで稼げますから(笑) 」

 週末に戦略を立て、平日はほったらかし、そんなやり方もよさそう。

【ほったらかしの極意】
・資金・リスク管理を最優先に
・心の弱さはシステムで補強
・週末の時間で戦略を立案!

【普通の主婦が10万円を300万円にした】
http://fxshufoo.blog.so-net.ne.jp/
デイトレ、選択型自動売買、トライオートと複数手法を使いこなすゆきママ氏。10万円&キャッシュバックで始めたFXでの累計利益は100万円近く。トライオート戦略はブログでも公開中

― 犬でも勝てる!進化系[ほったらかしFX]の極意【3】 ―