家計相談も人気のファイナンシャルプランナー 横山光昭さん

写真拡大

 景気回復が進むと言われながら、景気動向指数は停滞気味。自分のお財布事情に目を向けると、アップしているのは消費税率や教育費負担などで、家計を管理したり、限られたお小遣いでやりくりする立場には、とかく厳しい条件ばかりが目につく。しかし、できれば貯金もしておきたい――という人は多いだろう。そこで、著書『年収200万円からの貯金生活宣言』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)や家計相談などでも人気の家計再生コンサルタントで、ファイナンシャルプランナーでもある横山光昭さんに話を聞いた。

「お金を貯められるか? マイナスになってしまうか? の分かれめは、“お金の管理をできるかどうか”です。これはきちんとしている人か? だらしない人か? と、性格的なものを考えがちですが、それだけではありません。例えば、家計相談に来られる主婦の方で、毎月5万円のマイナスだったのが、管理する方法をアドバイスしたことで、毎月3〜4万円貯金できるようになった人も。切り替えるまで最初は大変かもしれませんが、慣れてしまえばムリなく“貯められるスパイラル”に入れると思いますよ」

 5万円のマイナスから、3〜4万円のプラスといえば、毎月10万円近い出費を抑えられることになる。一体どうすれば、そんな習慣を作ることができるのだろうか?

「家計を見直す、節約するというのもありますが、大きなポイントは“管理しやすい方法”を持って、使いすぎを抑えられる環境を整えること。昔からある形としては、食費や日用品、教育費、娯楽費といった予算を予め封筒に入れ、それぞれの予算の中でやりくりする『袋分け』という方法があります。細かく分けるのは大変なので、家計用と、それ以外の財布を分けるだけでも、変わってくるのではないでしょうか。

 ただ予算ごとに分けた封筒や複数の財布を持ち歩くのは、なかなか面倒です。そこで私自身が活用していて、よくオススメするのは『Visaデビットカード』。これはクレジットカードと違って、即時引き落としのカードなので、預金口座に入っている金額が使用できる上限金額になります。月々の予算を袋で分けるのではなく、デビットカードの口座に割り振り、食費などの生活費をそこから払うようにすれば、支出や残金の管理もリアルタイムに把握できるのがポイントです。ちなみに私は日常的に使うカードと、旅行などの娯楽のために予算管理をするもの、2枚のデビットカードを使い分けています」(横山さん)

 1999年に日本に登場したデビットカードだが、かつては利用可能店舗数が限られるケースや提携金融機関による利用可能時間の制限――といったデメリットがあった。その後、2006年に大手カードブランド・Visaがデビットカードサービスを日本で提供開始。利用可能な時間や店舗は基本的にVisaカードと同様であり、都市銀行や流通系銀行なども発行を開始したことからより身近になった。

 横山さんが「Visaデビットカード」を推す理由は、管理機能性の高さ。メールで使用状況を知らせてくれるほか、利用記録のダウンロードも可能。現金で支払ったものを自分で管理するのと違って、面倒な家計簿やレシート収集も必要なく、コンビニなどで払う数百円まで、きちんと管理できる。

「主婦の方の家計管理だけじゃなく、“クレジットカードは持ってないけど、ネットショッピングでカードが必要”という人。15歳(高校生)以上から作れるカードなので、お子さんの金銭教育や仕送り用の口座として、利用確認メールを共有するといったケースにも適していますよ。実際うちの大学生と高校生の娘にも、使わせています。あと個人事業主の方が、仕事の経費と生活費を分けて管理するのにも、便利だと思います」(横山さん)

 では夫視点の場合、月の小遣いを「仕事用」「それ以外」と分け、仕事用の利用状況を夫婦で共有して、「今月は出張も多かったし、ちょっと後から足しておいてあげたわよ」など“デキる妻”ぶりを発揮してもらう――なんてパターンは、あるのだろうか?

「交渉次第……じゃないですか?(笑)ただお小遣いの使い方を夫婦で共有するというのは、後ろ暗いことがない証明にもなるので、いい使い道かもしれませんね」(横山さん)

 お金の管理ツールとして以外の利点は、まず預金口座残高に応じた即時引き落としのため、カード作成に審査がないこと。「Visaデビット」の特色としては、利用時にメールが届くことでも不審な利用状況が分かるが、クレジットカード同様に「紛失・盗難時の保証」「不正利用時の補償」などがある。

 また、日常的な利用以外の便利な機能としては、海外のATMで現地通貨の引き出しができる点。「Visaデビットなら“使うかもしれないから、作っておこう”といったモチベーションでも、ラクに手続きできると思いますよ」と横山さんは語る。

 現金やクレジットカードといった従来の決済方法に加え、このデビットカードだけでなく、昨今は電子マネーなど、決済方法が多様化する中で、お金の“使い方”の種類も増えている。

「例えば、今回紹介したデビットカードは、特にアメリカやヨーロッパで日常的に利用されています。その背景には、クレジットカードで失敗する人が多いことも無関係ではありません。カード社会でスマートに使う機能そのままに、普段使いはデビットカード、高額なものは分割できるなどの点でクレジットカードといった“使い分け”の進んだ結果が、デビットカード利用が伸びた要因だと思われます。

 消費はどうしても流動的になるので、“つい使いすぎちゃう”こともありますよね。だから、消費を加速させないために、残高管理のしやすさで、使いすぎを抑制できる環境を整える――そうすれば普段から自然と“出費を抑える”意識をしやすくなる。それが“使いすぎない”“貯められる”を習慣化するポイントなんです」(横山さん)