9月特集 アジア大会2014の発見!(9)

 アジア大会第4日の22日、シンクロナイズドスイミングの「チーム」で、日本は合計181.7047点をマークして3大会連続の銀メダルを獲得した。合計得点185.7221点を出したライバル中国の3連覇を阻むことはできなかったが、「復活の兆し」を見せることができた。両者の点差をロンドン五輪の時と比べるとおよそ2.36点も縮まっていた。

 22日のフリールーティン。中国はリフトやジャンプで高さを見せるダイナミックな演技とスピード感のある美しい足技で圧倒。一方、日本は独創的な足技や足さばきで魅了し、繊細な陣形と水面をたたいて水しぶきを出すパワフルな動作のコントラストを見せて演技をまとめた。

 主将の乾友紀子は「フリールーティンは見せ場がたくさんあるので、水面の当たりを出して勢いをつけることができた。4月からたくさん練習してきたことが試合に出せた。まだまだ足りないところや磨いていくところはあるが、自分たちの成長を感じることができた。中国との差を一気に縮めることはできないけれど、この大会がスタートだと思う」と、振り返った。

 2006年ドーハ・アジア大会で盟主の座から滑り落ちた日本。かつての輝きを取り戻すために、世界的にその手腕が認められている名指導者が強化現場に帰ってきた。今年4月、日本チームの指導に10年ぶりに復帰した井村雅代コーチだ。

 現在64歳の井村コーチはすぐに厳しい指導に着手し、チーム再生に取り組んだ。朝から晩まで12時間以上に及ぶ練習、特に1日7時間の筋力トレーニングを課して緩んでいた気持ちと身体を鍛え上げたという。まだ5ヵ月の強化だったが、選手たちはその成果を発揮することができた。デュエットでも銀メダルを手にした乾は「勢いのある演技ができ、練習の成果が出せて良かった。これからもっともっと強くなって上を目指したい気持ちが出てきた」と、"井村マジック"に絶大の信頼を寄せる。

 その井村コーチは語る。

「指導し始めたときと比べたら、パワーとスピードがついてきたが、まだまだ足りない。最初は(身体が)ふにゃふにゃすぎて注意もできないほどだったが、いまでは演技に堅さ(切れ味、シャープさ)が出てきた。昨年まではじっくりと見ていないので分からないが、今年から私が指導するようになって日本チームが生まれ変わったと評価をしてもらえたらいい。このアジア大会で世界の審判員に印象づけられたら、第一歩としては良かったと思う。まだ短期間ですが、(日本チームは)たぶん変わったと思う。フリールーティンでは、最後のブリッジのリフトでエネルギー切れが見えたが、いま持っている日本チームの力は出し切れたので良かった。昨年と今年ではルールが変わっており、だいたいマイナス2点くらいを見ていたので、昨年と同じ92点台が出たのは進歩している証拠です。中国との点差がつまっているということは評価していい。今後、(私の)強化策を立てることができれば、日本シンクロも大きな変身ができるはずです」

 今回、各国のシンクロ関係者からは「あなたがついたらまた日本は強くなるね」と、言われたという。

「その期待感を持ってもらうことは重要です。採点競技ですから。ただ本当に上手にならないと期待感も続かないですから、とにかく走り出したところなので、『日本がどんどん上を目指していける予感がするチームであるという印象をこのアジア大会とワールドカップ(10月・カナダ)で残していこうよ』と、選手たちに伝えました」

 まずは目の前に立ちはだかるアジアのライバル中国の背中を追い掛け、追い抜く。その先には、世界のトップに君臨するロシアやスペイン、台頭してきたウクライナとの戦いが待ち受ける。すでに2年を切っている2016年のリオデジャネイロ五輪へ向けて、それほど時間的な余裕はない。だからこそ、身近なライバルと同じ舞台で試合をしていく中で、どうやって戦い、対抗していけばいいのかを実感することが大事なのだという。

「(現場復帰後初めての国際大会となった)アジア大会はあくまでもアジアですから、まだ次のワールドカップがあるので、私たちの目標達成(世界でのメダル獲得)に向けた強化はこれからがスタート。今回、一番苦心したのは、このチームのメンバーを決めるときで、どの選手をどこに配置するかという試行錯誤の5ヵ月間でした。日本選手はお互いに探って合わせる協調性がある反面、仲間同士で遠慮して思い切りのある演技ができない欠点がある。だからリフトでは、丁寧にするのではなく、仲間を信じて瞬間を狙って思い切り上げなさいと送り出しました。これまではリフトでは何もできなかったが、やっと飛んでくれるようになり、滞空時間が出るようになったので、これからはひねりなどの技を加えるチャレンジができる。さらに、スピードやパワーをもっとつけて最後まで泳ぎ切る力をつけていくことが必要です」

 いくつもの課題を挙げながらも、明るい展望が見え始めている井村コーチ。お家芸と言われたかつての威光を取り戻し、「シンクロ王国」再建に大きな期待がかかる。その第一歩がこのアジア大会から始まった。

辛仁夏●文 text by Synn Yinha