「澄みわたる梅酒」の販売を再開

写真拡大

サントリー酒類は、一時販売を休止していた「澄みわたる梅酒」を2014年9月24日から全国で販売再開する。

糖質50%オフで食事に合う

「澄みわたる梅酒」は、4月1日に発売されたが、「予想を大きく上回る売れ行き」(同社)のため、4月17日に一時販売を休止。製造ラインを強化し、5月27日から九州エリアで販売を再開、今回の全国での販売再開となった。

「減圧蒸溜」と「水蒸気蒸溜」の2種類の蒸溜技術を駆使したサントリー独自の製法で作られている。国産梅を100%使用し、天然水を主体に仕上げた。梅由来の爽やかな香りと、糖質50%オフで食事に合うすっきりとした味わいが特長だ。

試した人からは、

「すっきりとした味わいの梅酒のため、食事中を含め幅広いシーンで楽しめる」
「スタイリッシュなボトルにより、ワインを飲んでいるようなプチ贅沢な気分になる」
「冷蔵庫のポケットに収まり冷たくおいしい状態で毎日自分が飲みたい量を楽しめる」
「友人や家族とシェアしながら楽しめる("ボトルシェア"しながら楽しめる)。」

といった感想があがっている。

価格は500円。