左:真木よう子、右:西島秀俊

写真拡大

真木よう子の主演映画『脳内ポイズンベリー』が2015年に公開されることがわかった。

【もっと大きな写真を見る】

2010年から少女漫画誌『Cocohana』で連載されている同名の原作漫画は、ドラマ化も記憶に新しい『失恋ショコラティエ』の水城せとなによる作品。主人公の30歳女性・櫻井いちこと、7歳年下の早乙女亮一、年上の男性・越智による現実世界での三角関係に加え、いちこの葛藤によって巻き起こる「脳内メンバー」による会議を同時に描いたエンタメラブストーリーとなる。

真木が演じるのは、肉体関係を持ったことから早乙女と付き合いはじめるが、出版社勤めの編集者・越智からもアプローチされてしまうケータイ小説家のいちこ役。アーティスト気質の不思議系青年・早乙女役を古川雄輝、越智役を成河が演じる。

さらにいちこの脳内会議メンバーのキャストには、ほかのメンバーに振り回される優柔不断な議長・吉田役の西島秀俊、楽観的で肯定的な石橋役の神木隆之介、ネガティブな思考な池田役の吉田羊、衝動的な女の子・ハトコ役の桜田ひより、脳内メンバーの書記でいちこの暗い記憶を封印した議事録を司る岸さん役の浅野和之が名を連ねている。監督は映画『キサラギ』『ストロベリーナイ』でメガホンをとった佐藤祐市が務める。