米軍がシリア空爆に次世代ステルス戦闘機F22を初投入

ざっくり言うと

  • 米軍が、シリア空爆で次世代ステルス戦闘機F22を初投入した
  • 同戦闘機の航続距離は約3200キロで、最新鋭の各種対空ミサイルを装備
  • 米軍はアラブ5か国と合同で、イスラム国を対象とした空爆を14回実施する

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング