あきらめていた黄ばみ汚れまですっきり落とす!(写真は、ドラム式洗濯乾燥機「NA‐VX9500L」)

写真拡大

パナソニックは、あきらめていた黄ばみ汚れまですっきり落とす、業界初の「約40度つけおきコース」を搭載したドラム式洗濯乾燥機「NA‐VX9500」と「NA‐VX8500」(合計4機種)を、2014年9月25日に発売する。

洗剤の力を引き出す「温水機能」と「泡洗浄」を進化させて、皮脂汚れに効果のある水温約40度(洗剤が活性化する温度帯)を保持しながら時間(約420分)をかけて、じっくり洗浄する業界初の「約40度つけおきコース」を搭載。今まであきらめていた黄ばみ汚れまですっきり落とすことができるようにした。

また、「泡洗浄」は水圧で一気に洗剤液を泡立てる、新「ジェットバブルシステム」を採用。シャワーと同時に洗濯槽内に泡を投入して、衣類への浸透スピードを速め洗浄力をアップした。厚手の衣類も、素早く泡を浸透させて汚れを浮かせて落とす。

加えて、「ヒートポンプ乾燥方式」を見直すことで洗濯から乾燥時間を従来機種と比べて約38%短縮。おまかせコースで「洗乾スピードNo.1」の「約98分」を実現した(洗濯10kg/乾燥6kgクラスにおいて、定格6kg洗濯乾燥時)。

洗濯機が自動で節電、節水する「エコナビ」や、洗浄のたびにドラムの槽内を洗い流す「自動槽洗浄機能」を搭載。「NA-VX9500」には、初めてでも迷わず使える「カラータッチパネル」や、水で洗えないものは「ナノイー」で除菌・消臭する機能が付いている。

いずれも、オープン価格。