京都大がiPS細胞で影響力が世界2位に 米ハーバード大に次ぐ

ざっくり言うと

  • 世界的に注目を集める再生医療の研究で、京大がiPS細胞で影響力世界2位に
  • 再生医療全体でみると、京大は17位、東京大は54位で存在感を示せなかった
  • 影響力トップはハーバード大で、上位20のうち17を米国の大学や機関が占めた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング