●新入りを斬る

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©タカヒロ・田代哲也/スクウェアエニックス・「アカメが斬る!」製作委員会
<キャスト>
アカメ:雨宮天
タツミ:斉藤壮馬
マイン:田村ゆかり
レオーネ:浅川悠
シェーレ:能登麻美子
ラバック:松岡禎丞
ブラート:小西克幸
スサノオ:浅沼晋太郎
チェルシー:名塚佳織
ナジェンダ:水野理紗
エスデス:明坂聡美
イエヤス:高橋孝治
サヨ:小松未可子
アリア:佐藤奏美
首斬りザンク:鶴岡聡
リヴァ:中田譲治
ニャウ:生天目仁美
ダイダラ:勝杏里
クロメ:大橋彩香
セリュー・ユビキタス:花澤香菜
ウェイブ:細谷佳正
ボルス:竹本英史
ラン:間島淳司
Dr.スタイリッシュ:成田剣

●ストーリー
人が次第に朽ちゆくように国もいずれは滅びゆく────
千年栄えた帝都すらも今や腐敗し生き地獄
人の形の魑魅魍魎が我が者顔で跋扈する
天が裁けぬその悪を闇の中で始末する
我等全員、殺し屋稼業────。
帝歴 1024年。
帝国の圧政によって苦しむとある村の少年剣士・タツミは、村を救う希望とお守りを胸に、幼馴染みと共に帝都へ出稼ぎに出発する。
道中、夜盗の襲撃に遭い散り散りになりながらも、たった1人帝都に辿り着いたタツミを待ち受けていたのは、絶句するほどに腐敗しきった帝都の真の姿だった。
「最近、帝都の重役や富裕層の人間を狙う恐るべき殺し屋集団がいる。」
一方でそういった噂を耳にしたタツミは、身をよせた貴族の家で闇夜に潜む彼らの存在に気がつく。
殺し屋集団────── ナイトレイドたちの存在に。
●オープニング
タツミ「ヒャッハー!気持ち良い!」
チェルシー「殺し屋とは思えない無垢さだね、タツミ。」


空飛ぶエイに乗って移動中のナイトレイド、ちなみにマインとラバックは高所恐怖症でガクブル!
●新メンバー2人
彼等が到着したマール高地は人間が住むには適さない秘境、猛獣も多数生息。とりあえず新アジトが決まるまでナイトレイドのメンバーはマール高地で修行をすることに。そして、

チェルシー「アカメちゃんって、近くで見ると本当に可愛いんだ!」

新メンバーのチェルシーと生物型の帝具スサノオ。そのスサノオ、かなり几帳面な性格で家事全般を含めた料理上手。もちろん戦闘力もかなりのものです。もっとも、

チェルシー「やーい貧乳チビ!ちっぱ○、ちっぱ○!」

チェルシーの言動にマイン、キレる!

このチェルシー、かなりの曲者です。
●チェルシーの本心
アカメ「かかった!」

アカメが釣り上げた大魚、それをスサノオがものともせず仕留めます。ちなみにスサノオはナジェンダの帝具ですが、

スサノオ「昔のマスターにそっくりだった。彼は素晴らしい将軍だった!」

ナジェンダ(女性)、スサノオの元マスター(男性)にそっくり!

猫に化けたチェルシー、マインからケーキを奪い取るも、

チェルシー「どう、驚いた?」

戦闘タイプでは無いものの、特殊工作で能力を発揮しそうです。

そのチェルシーはシェーレやブラートの死について厳しい発言をするも、それは彼女の本心では無さそうです。
●チェルシー、入浴中!
マイン「チェルシーをギャフンと言わせたいわね!」

マイン、タツミ、ラバックはチェルシーに一泡吹かせようと試みます。その狙いはチェルシーの入浴中、タツミが透明化能力を使ってこっそり近付いておっぱ○を揉むというもの。

ちなみにチェルシーは温泉に入浴中、おっぱ○やお(※…。

※ディレクターズカットが入りました!


そこでチェルシーに近付いたはずのタツミですが、

スサノオ、入浴中!

スサノオ「インクルシオは姿は消せても、気配までは消せないぞ!」

タツミは呆然としていると、

チェルシー「実は私でした!」

裏をかかれたものの、チェルシーのバスタオル姿を拝めたタツミは勝ち組!

チェルシーが以前いたチームは、彼女以外全滅という憂き目に遭ったため、ナイトレイドに対して厳しい発言が出てくるのです。

「アカメが斬る!」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「アカメが斬る!」第11話「Dr.スタイリッシュの死」(ネタばれ注意)
【アニメ】「アカメが斬る!」第10話「エスデスの誘惑」(ネタばれ注意)
【アニメ】「アカメが斬る!」第9話「特殊警察イェーガーズ」(ネタばれ注意)
【アニメ】「アカメが斬る!」第8話「グラートの死」(ネタばれ注意)
【アニメ】「アカメが斬る!」第7話「三獣士」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「アカメが斬る!」TVアニメ公式Webサイト
「アカメが斬る!」AT-X公式Webサイト