●花火(再び)

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©glasslip project
<キャスト>
深水透子:深川芹亜
高山やなぎ:早見沙織
永宮幸:種田梨沙
沖倉駆:逢坂良太
井美雪哉:島信長
白崎祐:山下大輝
深水陽菜:東山奈央
深水健:木下浩之
深水真理:高橋理恵子
白崎百:茅野愛衣
白崎又三郎:西村知道
沖倉利尋:高田裕司
沖倉美和子:田中敦子

●ストーリー
ガラス工房を営む一家の娘・深水透子は、友人の家にあるカフェ「カゼミチ」を友人たちとの憩いの場所にしている。
高校3年の夏休み、彼女たちの前に現れた転校生の少年・沖倉 駆は、透子に、自分には未来の声が聴こえると語りかける。
もし、あらかじめ未来を知ることができるのなら、自分は何を望むのだろう?
感じたことのない動揺を覚えながらも、透子は胸の中に、放っておけない感情が生まれていることに気が付く...。
●オープニング
雪が降る日、深水透子の一家はやってきました。初めての土地に不安がある彼女。そのとき出会ったのは…。
●花火大会
沖倉駆と初めて出会った深水透子。彼女は花火大会を見に来たと思われたようですが…。

※この雪が降る日に花火大会が行われるようです。そう言えば、今回の話はパラレルワールド上の出来事のようで深水透子と沖倉駆の立ち位置が逆になっています。

深水透子「花火、楽しみ!」

深水透子にとってこの町は初めて。それに対して沖倉駆はこの町から出た事が無いようです。
●透明な存在。
深水透子「わぁ!」

花火大会の露店を眺める深水透子。偶然にも沖倉駆と付き合う展開になっていますが…。

※深水負債が沖倉美和子ファンクラブの会員だったのは何たる偶然なのでしょうか?

花火大会がはじまり、みとれる深水透子。そこで高山やなぎや井美雪哉へ話しかける深水透子。ところが先ほど出会ったはずなのに2人とも覚えていない様子。

深水透子「お芝居?」

この状況をまるで把握していない深水透子。そこにやってきた沖倉駆。

沖倉駆「やっと見付けた。」

深水透子の存在をまるで気付かず、唯一沖倉駆のみが認識出来る。それに違和感を感じる彼女。
●私の想像している未来の世界
深水透子「ここは私の想像している未来の世界?」

彼女が今見ている冬の花火大会、それは彼女だけが見える未来の世界。そして沖倉駆も彼女が想像しているだけの存在。

深水透子「何でも無い、何でも無いの。」

「グラスリップ」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「グラスリップ」第11話「ピアノ会」(ネタばれ注意)
【アニメ】「グラスリップ」第10話「真夏の雪」(ネタばれ注意)
【アニメ】「グラスリップ」第9話「夢十夜」(ネタばれ注意)
【アニメ】「グラスリップ」第8話「普段はこんな事しないんだけど」(ネタばれ注意)
【アニメ】「グラスリップ」第7話「5時半の君」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「グラスリップ」TVアニメ公式Webサイト
「グラスリップ」AT-X公式Webサイト