新開発の「クラシッククローム」を搭載

写真拡大

富士フイルムは、プレミアムコンパクトデジタルカメラ「Xシリーズ」より、「FUJIFILM X30」を2014年9月20日に発売した。

光学ファインダーに迫る美しい映像

電子ビューファインダーの課題であった表示タイムラグを、0.005秒と極限まで短くした「リアルタイム・ビューファインダー」を搭載。236万ドットの有機ELディスプレイと新設計のファインダー専用レンズにより、小型コンパクトズームカメラとしては最大の0.65倍の表示倍率を実現。光学ファインダーに迫る美しい映像を見ながら撮影できる。

撮影シーンの明るさに応じて自動でファインダーの明るさを調整するので、様々な環境でも見やすい。「撮影効果反映」機能をONにすると、「フィルムシミュレーション」などの撮影効果を反映でき、OFFにすれば目で見たままに近い自然な画面表示にできる。

レンズ鏡筒には、マニュアルズームリングに加え、直感的な操作で撮影条件を選べるコントロールリングを装備。ズームリングを回して構図を決めつつ、素早い操作で絞りやシャッタースピードなどの設定を変えられる。

大容量バッテリーの採用と、低消費電力設計により、1回の充電で約470枚撮影でき、長時間の撮影でもバッテリー切れの心配が少ない。また、同梱のマイクロUSBケーブルを使うと、バッテリーチャージャーを使わずに充電できる。

富士フイルム独自のカラーモード「フィルムシミュレーション」に、新開発の「クラシッククローム」を搭載。11種類のモードから選べる。落ち着いた表現と深みのある色合い、陰影が表現できるようになった。

カラーはブラックとシルバーの2種類。価格はオープンだが、店頭予想価格は税別6万5000円前後。