ソファやカーペットなどに高濃度プラズマクラスターイオンを直接当てて消臭・除菌(写真はイメージ、「KI‐EX100」)

写真拡大

シャープは、ソファやカーペットなどに高濃度プラズマクラスターイオンを直接当てることで、付着したニオイや菌を消臭・除菌できる「パワフルショット運転」を搭載したプラズマクラスター加湿空気清浄機「KI‐EXシリーズ」をはじめ全6機種を、2014年9月20日から順次発売を始めた。

高濃度プラズマクラスターイオンを前方向に集中して放出する、新たな構造を採用。リビングなどにあるソファやカーペットなどに高濃度プラズマクラスターイオンを直接当てる「パワフルショット運転」によって、付着したニオイや菌を消臭・除菌する。

また、「高感度ホコリセンサー」でより微小な粒子まで検知し、独自のアルゴリズムでPM2.5の濃度を判別して、「色」で知らせる「PM2.5モニター」を搭載(「KC‐E40」を除く)。汚れを見つけると風量を強めて集じんする。

このほか、ニオイの強力分解・脱臭に加えて、リビングなどに侵入した排気ガスなどに含まれる有害成分を低減する「ガスもと〜る脱臭フィルター」を採用した。

オープン価格。