国内ツアーでの世界ランク浮上を狙った石川は停滞(撮影:米山聡明)

写真拡大

<男子世界ランキング>
 最新の男子世界ランキングが発表され、国内男子ツアー「ANAオープン」で4年ぶりの優勝を果たした宮本勝昌が前回の450位から255位に急浮上を果たした。同大会15位タイフィニッシュの石川遼は82位で変動はなし。試合出場のなかった松山英樹は20位とこちらも変動はなかった。
「夢かなった」宮本勝昌、“らしさ”見せた40代初勝利!
 PGAツアーがオフウィークのためランキング上位にも大きな変動はなく、1位はローリー・マキロイ(北アイルランド)。2位はアダム・スコット(オーストラリア)、3位はセルヒオ・ガルシア(スペイン)となっている。
【男子世界ランキング】
1位:ローリー・マキロイ(11.75pt)
2位:アダム・スコット(9.14pt)
3位:セルヒオ・ガルシア(7.86pt)
4位:ジム・フューリク(7.68pt)
5位:ヘンリック・ステンソン(7.58pt)
6位:ジャスティン・ローズ(7.34pt)
7位:バッバ・ワトソン(7.17pt)
8位:ジェイソン・デイ(6.77pt)
9位:マット・クーチャー(6.50pt)
10位:リッキー・ファウラー(5.88pt)
15位:タイガー・ウッズ(4.85pt)
20位:松山英樹(4.20pt)
65位:小田孔明(2.10pt)
82位:石川遼(1.73pt)
112位:谷原秀人(1.41pt)
130位:岩田寛(1.25pt)
255位:宮本勝昌(0.73pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>