【iOS8】よく使うアプリを「通知センター」に置く裏ワザ!

写真拡大 (全6枚)

iPhoneを使っていると”アプリの配置”って悩みませんか?

最もよく使うアプリは「Dock(最下の固定部分)」に、そして次に使うアプリはやっぱりトップページ(1ページ目)でしょうか。

ここでさらに、「通知センター(画面上部から下にフリック)」にもアプリを置けたら……けっこう便利だと思いませんか?

 

■秘密は「Launcher」というアプリ!

通知センターにアプリを並べるにはまず最新版の「iOS8」にアップデートする必要があります。その後『Launcher』というアプリをDL。

DLしたらアプリを起動し、右上のボタンをタップ。「Add New」というアイコンが表示されます。

「Add New」をタップし、「App Launcher」をタップ。すると『Launcher』内で使用出来るアプリ一覧が表示されます。リストの「INSTALLED」が、あなたが現在iPhoneにインストールしているアプリ一覧です。ここでお好きなアプリを選択して下さい。

すると、アイコンが大きく表示されますので右上のチェックボックスをタップ。最初のページに選択したアプリのアイコンが並んだらOKです。

 

■通知センターの設定も忘れずに

次に「通知センター」画面を上部から引き下げ、「今日」タブの1番下にある「編集」ボタンをタップ。

先程の『Launcher』アプリが表示されているはずなので選択します。「通知センター」内にアプリアイコンが並んだら成功!

アプリは無料版で最大7つまで追加出来ますよ!

 

「通知センター」ですので、ロック画面からでも(アプリを使う為にはロック解除が必要)、他のアプリを使っている最中でもアクセスできるというワケ。

Dockに置くのとはまた違った快適さが味わえますよ! みなさんもぜひ試してみて下さいね!