「誤解があるようなので言っておきますけど、私はMB(ミドルブロッカー)が要らないなんて、一言も言っていません。MBは欲しい、ただし点のとれるMBが。私がもし(強力な攻撃力を持つMBを擁する)ロシアやブラジルの監督だったらこんな戦術は考えなかったでしょう」

 先月行われたワールドグランプリ最終ブラジル戦後の会見で、眞鍋監督の口から飛び出したコメントだ。9月8日に行なわれた記者会見でも、同じ言葉を繰り返した。つまり、これこそが新戦術採用に関する眞鍋監督の本音なのだ。

 日本は昨年11月に行なわれたグランドチャンピオンズカップ(以下グラチャン)で、1人のMBの位置にサイドアタッカーを入れるMB1を取り入れ、先に行われたワールドグランプリでは、それをさらに進化させた新戦術「ハイブリッド6」を採用し、グラチャンの銅メダルを上回る銀メダルを獲得。このまま世界選手権もこの戦術を推し進めるという。リオ五輪に向けて、ハイブリッド6という一本の線が引かれたということになる。

 ハイブリッド6という新戦術の名前をワールドグランプリのファイナル大会の前日にお披露目したとき、眞鍋監督が強調していたのは、「MB1というと、どうしてもMBが1人いない、1人だけというマイナスのイメージが強いじゃないですか。今度は違います。ハイブリッドなんです」

 時間をさかのぼって、テレビ中継で見た予選ラウンドの間は、MBは1だったり、0になったり、かと思えば普通に2人いたり、どういうことなのかな? と思いつつファイナル前日の「新戦術名発表」を待った。

 ハイブリッド6を初めて耳にしたときのことについて選手に聞くと「燃費がいいって感じですよね」(長岡望悠)、「どうしても車が最初に思い浮かんでしまって」(新鍋理沙)と、やはり高燃費自動車のイメージが強かったようだ。

 眞鍋監督に「ハイブリッド6について簡単に説明していただくと、どういう戦術なんですか?」とたずねると、「難しいことを言い出すといっぱいあるんですけど、端的に言うと、たくさん点を取れる選手をいっぺんにコートに入れる。それだけです。すごくシンプルです」

 MB1を披露した昨年秋のグラチャンでは、本来MBが入るべき位置にはサイドアタッカーの迫田さおりが入り、スパイク賞を獲っていた。ワールドグランプリでは、迫田が肩の故障で外れ、長岡がこの位置に入って、セカンド1サイドアタッカー賞を受賞した。世界選手権ではこの2人を一度にコートに投入することを当然視野に入れているだろう。

 元々は、過去5年間のデータからMBの得点力が低いこと判明して考案されたMB1だが、もう一つには、レセプション(サーブレシーブ)を行な1わない、攻撃力の高いサイドアタッカーが3名(長岡、迫田、江畑幸子)になったことから、この3人を同時にコートに入れたいと考えたことが発端となった。

 MB1以前も、江畑、迫田の2人の使い分けには頭を悩ませていたようだが、そこに長岡まで加わり、決断に至ったというわけだ。

 昨年のモントルー大会(※)など、あまり重要度の高くない大会では長岡にレセプションをさせたりしていたが、やはり相手から見るとサーブで狙うべき「穴」になり、また、レセプションしてから攻撃に入るのがなかなか難しかったようだ。

(※)毎年6月ごろ、スイス・モントルーで行われる女子バレーの国際大会。年度始まりの大会で、チーム状態をみたり、新しい戦術などがよく試される

 キャプテンの木村沙織に、今の時点で新戦術をひとことで言うと? と聞くと、こんな答えが返ってきた。

「簡単に言うと、全員がリベロであり、全員がつなぎ役であり、全員がポイントを取れる選手が6人入って、ミックスしていろいろな戦術が組めるということだと思うんです。
ブロックは得意だけどスパイクで得点が取れない選手とかいろんな選手がいるんですけど、そういった偏りをなるべくなくして、スパイクもできるし、守備もできるし、ブロックもできるしという選手が、こういうチームにはたくさん必要になりますよね」

 これを聞いて思い出したのが、以前青山繁(バルセロナ五輪代表)とした「身長に恵まれない日本が、世界で勝つにはどうしたらいいのか」という雑談の中で、彼がにやりと笑って言った言葉だ。

「簡単なことだよ。俺が6人いればいい。俺がサーブ打って、俺がレシーブして、俺がトスあげて、俺がスパイクするの。リベロは要らないじゃん、だって俺が拾うんだもん。だから(前衛・バックアタック含めて)5カ所どこからでも打っていけるから、相手ブロックもどこについていいかわからないよね。これなら、でかい奴らに勝てる」

 青山は身長こそ187センチと低かったが、海外の選手にまで「アオヤマの技術を学びたい」と言われるほどのテクニシャンだった。スパイクだけ、レシーブだけ、といった特化型ではなく、すべての技術が優れた選手だった。

 実は、「ハイブリッド6」という名前を聞いたときに筆者が最初に思ったのはこの「俺が6人いればいい」という言葉だった。今の全日本女子で言うなら、「木村沙織が6人」を狙うということなのかと。眞鍋監督の本音が冒頭に述べたようなマイナスからの発想だったとしても、木村の言葉からは結果的に「どんな役割もこなせる選手が6人」という理解で取り組んでいることがわかる。

 3度の五輪を経験した大林素子さんは、今回の新戦術について次のように述べた。

「ああいうシステムってある意味、原点なんですよ。中学校のときなんかは誰でも何でもできなきゃいけなかった。もちろんそれとは次元が違うんだけど、大筋では考え方は同じですよね。

 私自身も八王子実践で元々はセンターだったんです。全日本ではセンターをメインにやりつつ、レフトもやってました。長岡はずっとライトでやっていたので、ブロックのステップを含め大変なこともあるでしょうけど、そこは頑張って対応して欲しい。

(ハイブリッド6は)眞鍋さんの、『今のバレーで銅メダルを取れました。でも、だからこそ、今のままではそれ以上、上にはいけない』という思いが伝わってきます。勇気を持って改革したことが一番すごい。それに選手が対応するのは、当たり前のことです。この先には、(ライト方面を向いてトスを上げる)逆セッターを期待してる。80年代に中田久美さんがやっていたことで、アタッカーのポジショニングも逆になります。相手ブロッカーがすごくやりにくいんですよ。そういった今までと違うことをもっと考えてらっしゃると思います。期待しています」

 また、アテネ五輪主将の吉原知子さんも、「私も現役の時、レフトもライトもセンターも全部求められていたので、今回のこの戦術に違和感はないですね。高いトスも低いトスも全部打てた方がいい。ただ、センターブロックというのは、左右に動く分だけサイドとは違う。そこだけ練習しないと、今ってサーブとブロックって重要なプレイなので、ブロックが全くないとつらいですよね。そこだけかな。

 相手に決められる前に決めなければならないので、コンセプトとしてはいいと思う。ポジションごとに区切ってその中での競争ではないところもいい。自分ができる攻撃をいっぱい持てば持つほど有利だし、その中から自分のスペシャリティを持ってほしいですね」とハイブリッド6を評価する。

 木村に「ここで新戦術を出してしまうと、リオ五輪の時までに対策されちゃうんではないかと思うんですが」と懸念をぶつけてみたが。

「試合の中で慣れていかなければならないので、いきなりオリンピックでやるというのは難しい。今から監督の理想とするチームに近づけるように、実戦の中で慣れていくしかない。まだ全然完成していませんし、攻撃のバリエーションももっとあると思いますし、出る選手によって、チームも変化していくと思う。全員が与えられた役割を全うすることで、監督がよく言うように、コートの上でハイブリッドというか、かけ合わさったり混ぜ合わさったりして、入ってるメンバーの中で、また違うチームができていく。それはグランプリの中で『あ、この選手が隣に来るとこういう攻撃もできるんだな』とか、隣にいる選手によってできることが変わってくるので楽しみに思うことがありました。これからも突き詰めていける余地はたくさんあると思います」

 世界選手権については、前述の通り迫田が戻ってきて、江畑、迫田、長岡という攻撃力の高いサイドアタッカー3名が一度にコートに入る布陣が予想される。眞鍋監督も「迫田が入るとまったく違うチームになりますよ。彼女は、世界的に見ても珍しいと思うんですが、前衛よりバックアタックの方が決定力が高いんです」と期待を寄せる。

 MBの位置に入る選手は、通常は後衛に回るとリベロと交代することが多いが、そうするとグラチャンの時のように迫田をMBの位置に置くと、せっかくの迫田のバックアタックが活かせないわけだが、その点はどうするのか聞いてみたところ
「そこはそれ...そこがハイブリッドですがな!」と、何やら対策はしっかり立ててあるようである。

 迫田の他に、世界選手権にはリベロの佐藤あり紗も参加する。ベテランの佐野優子が体調不良で外れ、急遽招集されることとなった。

「いろいろ考えて、今年はチームで頑張ろうと決めていたのですが、眞鍋さんにも熱心に誘っていただき、恩師にも相談した上で、全日本でまたプレイすることが、今までお世話になった皆さんへの恩返しになると思って戻ってきました。グランプリのブラジル戦をチームで会場に見に行って、自分もあそこでやりたいという気持ちが強くなったこともあります」

 佐藤の売りの一つはオーバーで2本目をセットアップできることだが、今大会では招集が急だったため、セカンドセッターは新鍋と木村のままだという。

「三大大会は初めてなので、この場でプレイできるチャンスをいただけたことを感謝しています。ミドルプレイヤーが本職の選手でなくてディグ(スパイクレシーブ)が大変ではないかというのは、私は脇を抜けてきたスパイクよりも上から来るスパイクの方が拾いやすいので(セカンドセッターの位置ではなく、真ん中で守っても)平気です」

 世界選手権イタリア女子大会は、23日、日本時間23時50分よりスタートする。

中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari