9月特集 アジア大会2014の発見!(5)

 開会式から一夜明けて競技初日を迎えた仁川アジア大会。9月20日の柔道は男女軽量4階級が行なわれ、日本チームとしても複数の金メダルを狙う日だった。

 日本は男子60kg級の志々目徹が準決勝で敗退して3位決定戦に回った以外は、思惑通りに、66kg級の高上智史と女子48kg級の山岸絵美、52kg級の中村美里が危な気なく決勝まで勝ち進んだ。

 午後7時から始まった決勝ラウンド。最初に志々目が銅メダルを獲得して、いい流れをつくった。だが決勝に入ると最初に登場した山岸は「寝技が得意なので警戒していた」というモンゴルのムンフバットに開始1分5秒で寝技に入られ、18秒で逃げたが"技あり"を取られた。結局、パワフルな相手を崩せずに敗戦(銀メダル)。続く高上もモンゴルのダバドルジのパワーに押され、1分33秒に小外刈りを鮮やかに決められて一本負けをしてしまった。

 そんな悪い流れになった中でも、中村は「試合会場へ向かう直前にふたりの負けを知ったけど、それでプレッシャーを感じることもなく、自分の戦いをしようと思って臨んだ」と動揺しなかった。

 08年北京五輪銅メダリストで、世界選手権では2度優勝している中村。12年のロンドン五輪が初戦敗退に終わると、前から痛めていた左ひざの前十字靱帯の再建手術に踏み切った。

 その後、リハビリを経て昨年11月の講道館杯で復帰すると優勝を果たした。ところが、水が溜まるなどの症状があり、12月には再手術。患部に取り付けてあったボルト除去の手術を受けて、今年に入り再び復帰していたのだ。そんなケガを乗り越えてきた彼女にとって、このアジア大会は、2年後のリオデジャネイロ五輪へ向けての第一歩とも言えた。

 組み合わせが発表され、初戦の相手は北朝鮮のリ・チャンゴクだった。中村にとって北朝鮮は、ロンドン五輪の初戦で当たって敗退した因縁の国。だが当日になってリが棄権。

 中村は「組み合わせを見た時点で、違う選手だけどロンドンの悔しさをぶつけたいと思っていたので少し残念でした」と語った。

 その結果、準々決勝からのスタートになったが、引手をなかなか取らせないチャイニーズタイペイの連珮如を相手に足を飛ばしながら倒すと、すぐに寝技に入ろうとするしつこい柔道を再三見せる。そして開始2分58秒で崩れ上四方固めにとらえると、3分8秒で一本勝ち。さらに準決勝では中国の馬英楠に両袖を取られて組めない状態ながら、しつこく足を出し、崩しながら攻めて3分2秒に縦四方固めで一本勝ちを収めた。終始、落ち着いた試合運びで中村らしい勝ち方をした。

 そんな自信を胸に決勝へ臨んだ中村。相手のババムラトワ(トルクメニスタン)はしっかり組んでくる選手だが、中村は足を飛ばして大内刈りなどを仕掛けると、1分40秒に小外刈りで一本。それでも彼女は「最近は後から判定が変わることがあるので、一本から変わってもいい様に押さえ込んでいました」と力を緩めなかった。冷静な試合運びで、期待を裏切らずあっさりと金メダルを獲得した。

 南条充寿女子監督は「世界選手権に比べればレベルが落ちる選手を相手に、金メダルは獲って当然と思われていた。そのプレッシャーの中できっちりと結果を出したことは自信になるだろうし、次につながる」と話した。

 中村はそれを問われるとフッと笑みを浮かべ、「いろいろ応援してもらったり期待もあったけど、その期待をパワーに変えました」と話して、こう続けた。

「自分の中ではこの大会が今年一番大きな大会と決めていて、そこで優勝できたのは自信になると思うし、次につながります。とにかくこの大会で結果を出して、次の大会でもその次の大会でも結果を出していきたいと思っているので。この優勝はいい意味でのステップになると思います」

 リハビリ中に、同じ境遇のいろいろな競技の選手たちと交流でき、それが刺激にもなったという中村は「うまくいかない時期もあったが、それがあっての今なので結果的には良かった」と振り返る。

 また手術後の変化として、「今の方がしっかり踏ん張れるようになりました。手術前は靱帯がなかったので、踏ん張るときに変な角度になって力が入ると、関節がはずれていたけど、今はそういうのもないしテーピングをしないでやっているので、そこは進歩だと思います」と話す。

 それと同時に課題もみつけた中村は「組み手から技出しのスピードが以前に比べればまだ遅いから、もっと早く自分の形に出来るようになりたい」と前を向く。

そして「最近は笑顔も増えてきたのでは?」という記者の問いかけに、「ちょっとずつ笑顔も出せるようになってきました。今は柔道も楽しくて充実していますから」と明るく答える。

 復活した彼女が目指す最終地点はもちろんリオデジャネイロ五輪。そこへ向けてひとつひとつ積み重ねていきたいという中村の挑戦は、このアジア大会から始まった。

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi