写真提供:マイナビニュース

写真拡大

集英社は、スマートフォンおよびタブレット端末向けの新マンガ雑誌アプリ『少年ジャンプ+』の配信を9月22日よりスタートした。

『少年ジャンプ+』では、紙版の『週刊少年ジャンプ』の発売日と同日のAM5:00から毎号有料配信され、購読価格は定期購読が月額900円、単号が300円となる。紙版の『週刊少年ジャンプ』に掲載されるすべての作品を配信するとともに、毎日5作品前後更新される25作以上のオリジナル連載漫画、歴代の名作も復刻連載。最新作〜過去の名作までの『ジャンプ』作品を、iOS、Androidともにスマートフォン、タブレット端末、PCで楽しむことができる。また、定期購読をすると『週刊少年ジャンプ』本誌に加え、定期購読特典として『週刊少年ジャンプ』の増刊誌で年6回発行予定の『ジャンプNEXT!!』も読むことができる。

創刊記念として、荒木飛呂彦氏の新作『望月家のお月見 岸辺露伴は動かない エピソード4』も公開。さらに9月13日発売の『週刊少年ジャンプ』42号を期間限定で無料配信する。復刻連載は、毎週月曜日に『DRAGON BALL』(魔人ブウ編/鳥山明)、火曜日に『ONE PIECE』(尾田栄一郎)、水曜日に『DEATH NOTE』(原作:大場つぐみ/漫画:小畑健)、木曜日に『ろくでなしBLUES』(森田まさのり)、金曜日に『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』(うすた京介)、土曜日に『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』(和月伸宏)、日曜日に『ジョジョの奇妙な冒険』(荒木飛呂彦)が更新される。そして、9月13日発売の『週刊少年ジャンプ』42号は、10月22日までの期間限定で無料配信。

電子版には『週刊少年ジャンプ』に掲載されている全ての漫画が収録されるが、電子版限定で、43号には『ONE PIECE』のフルカラー版と『NARUTO-ナルト-』美麗イラスト特集を収録。44号以降も、毎号必ず1作品以上のフルカラー作品が収録されるという。また、『少年ジャンプ+』では、『HUNTER×HUNTER』が連載を再開した『週刊少年ジャンプ』2014年27号(2014年6月2日発売)以降の号の、単号ごとのバックナンバー販売も行われる。

そして、誰もが『ジャンプ』でデビューできるWEB投稿/公開サービス「少年ジャンプルーキー」も9月22日よりスタート。11月より受付作品の公開が予定されている。同時に「ジャンプルーキー賞」を創設し、「少年ジャンプルーキー」での投稿作品から「週刊少年ジャンプ」にデビューしうる新人漫画家の発掘・育成を目指していくという。

「少年ジャンプルーキー」は、PCのWEBウェブブラウザを通じて誰もがオリジナル漫画を投稿・公開でき、その作品を人気マンガ家が連載をする『少年ジャンプ+』アプリ上で配信することも可能。優秀作品投稿者には、『週刊少年ジャンプ』本誌や電子版、『ジャンプNEXT!!』『少年ジャンプ+』など、『ジャンプ』でのデビューチャンスを多数提供。投稿された作品については、『週刊少年ジャンプ』編集部のスタッフが目を通し、デビューの可能性を感じさせる投稿者には、編集部より直接スカウトの連絡があるという。

(C)SHUEISHA Inc. All rights reserved.