高層ビルが建ち並ぶモダンな鄭州の街並み

写真拡大

 前回は中国の不動産バブルを象徴する街、内モンゴルのオルドスを紹介した。

[参考記事]
●中国・オルドス、中国不動産バブル崩壊の象徴は、"廃墟都市"観光のメッカ

 オルドスは世界遺産級の「鬼城」だが、この驚くべき不動産開発の失敗を中国経済の一般例とすることには異論がある。経済において地方政府の裁量が大きい中国では、オルドスは石炭価格の高騰で莫大な富を手に入れた、いわば中東のドバイのような地区で、そのあぶく銭を散財しただけとされているからだ。

 そこで今回は、日本人にも縁のある鬼城として河南省の省都、鄭州(ていしゅう)を訪ねてみよう。

 河南省はその名のとおり、黄河下流域の南に位置する内陸部の省で、かつては中原と呼ばれた。紀元前1600年代の殷王朝の遺跡が残る安陽、後漢や隋、後唐が都を定めた洛陽、北宋の首都で11世紀から12世紀にかけて栄華をきわめて開封など、中国の歴史で重要な都市がいくつもある。河南省の省都が開封から鄭州に移ったのは1954年だが、この街にも商(殷)の時代の遺跡が残っている。 

人口1億人の河南省の省都・鄭州のゴーストタウン

 河南省の人口は1億で中国の省のなかで最大、鄭州も人口750万人の大都会だ。

 まずは鄭州の街を見ていただこう。ご覧のように高層ビルが建ち並ぶモダンな景観だが、ビルに近づいてみると印象はずいぶん変わる。

 下の写真では、高層ビルの一角で男性が一人、揚げパンを売っている。それ以外はすべて工事中で店舗は入っていない。これから整備が進むのかもしれないが、不安を感じる光景ではある。

 鄭州が日本にゆかりがあるのは、新都心(鄭東地区)の都市設計を建築家・黒川紀章が行なったからだ。黒川が提案したのは、中央に超高層のホテルを据え、円周に沿ってオフィスやアパート、公園などを配置し、人口150万の最先端都市をつくる斬新なプロジェクトだった。

 言葉ではわかりにくいと思うので、地図で示そう。


 新都心の建設は2001年から始められたが、現地で聞いた話では、小泉元首相の靖国参拝などで反日感情が高まったとき、日本人建築家のこのプロジェクトが日の丸をイメージしているのではないかとネットで問題になったことがあるという。ずいぶんなこじつけだが、その批判に対する対応がスゴい。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)