写真提供:マイナビニュース

写真拡大

フィッツコーポレーションは、 9月9日〜10日にかけて、女性500人を対象に 「男性の臭いや香り」に関するアンケートを実施した。

○悪い印象が残る臭いのタイプは「加齢臭」

初対面の男性や、男性の上司、同僚などのイメージダウンにつながるポイントについて尋ねたところ、最も多い意見は「身だしなみ」(31.2%)で、次いで「臭い」(30.8%)という結果になった。悪い印象が残る臭いのタイプについて聞くと「加齢臭」(34.7%)が最も多く、2位が「タバコの臭い」(33.6%)、3位が「汗の臭い」(27.6%)だった。

○61%が、仕事の場で男性の臭いが気になったと回答

仕事の場で、男性の臭いが気になったことがあるか尋ねると、61.2%が「たまにある」「良くある」と回答した。どのような臭いが気になるか聞くと、1位が「タバコの臭い」(26.0%)、2位が「汗の臭い」(21.8%)、3位が「加齢臭(18.8%)」となっている。

また、臭いが原因で、男性とのコミュニケーションの取り方を変えているか聞くと45.2%が「たまにある」「良くある」と回答した。

仕事の場で「良い香りがする人」や「香りのマナーができている人」は、好感度があがるか尋ねたところ、78.6%が「とても上がる」「やや上がる」と回答した。男性から不快な臭いがして、気持ちが冷めてしまった経験があるかという質問には、36.0%が「ある」と回答している。

(フォルサ)