[アジア大会]2戦連発にも満足せず、MF中島「もっと良くなる」

写真拡大

[9.21 アジア大会GL第3戦 日本4-0ネパール 高陽]

 グループリーグ第2戦イラク戦ではチーム唯一の得点を決めた。しかし、その後の決定機を外し、チームも1-3の敗戦を喫したことで、U-21日本代表MF中島翔哉は「自分のミスだった。次に向けてしっかりとやりたい」と第3戦ネパール戦への意気込みを示していた。そして、その言葉を体現するように、守備を固めるネパールの脅威となり続けた。

 4-2-3-1のトップ下に入ったが、中央のポジションに固執せずに左右に幅広く動いてはボールを引き出し、鋭いクイックネスを武器にしたドリブルでネパール守備網を切り裂く。ドリブルだけでなく、相手の急所を突くパスで攻撃にリズムを生み出した。

 そして、1点をリードして迎えた後半9分にはチーム2点目を記録する。MF矢島慎也のパスをFW鈴木武蔵がスルーすると、後方に走り込んだ中島が落ち着いてゴールに流し込んだ。「イメージ通りでした」と自身の2試合連続ゴールを振り返ったが、尽きない向上心を示す。

「まだまだ物足りません。相手の特長や体勢、守り方を考えてプレーすることが大事だと思うし、これから先のことを考えるとマークも厳しくなるだろうし。もっと自分が良い位置にいれたと思うので、そこは改善したい」と話している。

 チームメイトとの連係もまだまだ高まると語る。2列目に並んだ矢島とFW野津田岳人との関係を「お互いのやりたいことは分かっているし、これからチームとしてもっと良くなっていくとはずです。関係はすごく良いですが、もっと良くなると思う」とストイックな姿勢を貫いた。

(取材・文 折戸岳彦)