チャンスをものにできず天を仰いだ成田(撮影:ALBA)

写真拡大

<マンシングウェアレディース東海クラシック 最終日◇21日◇新南愛知CC美浜C(6,375ヤード・パー72)>
 愛知県にある新南愛知CC美浜Cを舞台に開催された国内女子ツアー「マンシングウェアレディース東海クラシック」最終日。首位と2打差の5位タイからスタートした成田美寿々は3バーディ・4ボギーの“73”。順位を5つ落とし3日間を終えた。

 前半を2バーディ・2ボギーで終えたフロントナイン。まだまだ首位が見える位置でサンデーバックナインへ。11番でバーディを奪って良い流れが出来つつあるはずだったが、14番でティショットを左に曲げると、セカンドショットも大きく右に曲げ隣の13番ホールへ。このホールをボギーとすると、続く15番パー5では2オンするも3パット。かみ合わない展開が続く。次の16番ではボギー。そして最終18番では2メートルのバーディパットを外しホールアウト。「決めて6位タイにしたかった」と天を仰いだ。
 今日のラウンドを振り返り「もう見られているのが嫌でした…」と成田。最後までパターのラインとタッチが合わず「ショットはフェアウェイに行けばつける自信はあったのですが、如何せんパッティングがダメでした」と嘆いた。
 ここ2戦は単独2位、2位タイと上位で終えており、「前の2試合はやりきったと手応えがあった」と納得の内容だった。しかし今大会は「手応えもないですし、自分で恥ずかしいし、腹が立ちます」とスコア以上に苦しい大会となった。
 これで優勝した申ジエ(韓国)に抜かれ、賞金ランク4位へ転落した成田。それ以上に「この浮き沈みが激しいパッティングを何とかしないと」。今年ずっと向き合っている課題に対し「また振り出しに戻って何が悪かったかを究明します」と成田。10月第1週に行われる「日本女子オープンゴルフ選手権競技」での今季メジャー2勝、そして悲願のマネークイーンに向けて、試練のときを迎えた。
<ゴルフ情報ALBA.Net>