結婚後、夫婦のお財布は別々がいいと思う女性が58.4%「私も自由に使いたいから」

写真拡大

ひと昔前は、結婚したら夫婦のお財布を一緒にするのがスタンダードでした。でも現代は、共働き夫婦がどんどん増えているので、お金の管理の仕方も変化してきていそう。そこで今回、結婚後のお財布事情について、働く女子たちがどう考えているのかを調査しました!

Q.あなたは、夫婦のお財布はどうしたいと思いますか?

「一緒がいい」41.6%
「別々がいい」58.4%

なかなかいい勝負でしたが、結果は「別々がいい」派が約6割と、「一緒がいい」派を一歩リードする形になりました。では次に、それぞれの回答理由をチェックしていきましょう。さて、あなたはどちらのほうがより共感できますか?

■「別々がいい」派の意見

・「自分も自由に使いたいから」(30歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

・「お互いが自立心を持って働きたいし、お互いに依存してしまわないように」(30歳/機械・精密機器/営業職)

・「一緒だと相手の使い方に口を出したくなりそうだから。もめ事は少ないほうがいいです」(28歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「お小遣い制だと息苦しい。お互いが出し合う額を決めて、残った金額をそれぞれのお小遣いにするほうが気が楽」(30歳/小売店/事務系専門職)

お財布を別々にしたいという人の大半は、たとえ夫婦でもそれぞれが自由にお金を使えて、お互いに自立した関係でいたい、と考えているよう。

■「一緒がいい」派の意見

・「夫婦なのだから、生活費は一緒にして、そこから貯められるように2人でがんばりたい」(25歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「一緒に目標に向かって貯金をしたいし、管理したいから」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

・「そのほうが、夫に大黒柱としての自覚を持ってもらえそうなので」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「貯金を管理しないと、私ばかりが貯金する羽目になりそう」(29歳/金融・証券/専門職)

結婚したらお財布を一緒にするという昔ながらの夫婦の形を希望する人も、4割を超えました。たしかに貯金をするなら、こっちのやり方のほうが貯めやすそうな気もしますよね。

お財布のあり方に対する意見は180度ちがっても、両者ともに「もめ事を避けたい」という思いは共通しているようです。さて、実際はどちらを選択するのが正解なんでしょう。あなたは、夫婦のお財布は一緒がいいですか? 別々がいいですか?

※画像は本文と関係ありません

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年8月にWebアンケート。有効回答数250件(22歳〜34歳の働く女性)