第17回アジア競技大会の聖火が消えるハプニング…関係者ら「赤面」認める

ざっくり言うと

  • 第17回アジア競技大会で20日、聖火が10分ほど消えるアクシデントが起きた
  • 聖火はイベントのシンボルとされ、関係者は赤面していることを認めた
  • 大会組織委員の1人は「技術的な問題があったようだ」と話している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング