21日、韓国・仁川で開催されているアジア競技大会の初日に運営ミスが続出したことに、韓国のネットでは「世界に恥をさらした」などと批判の声が集中している。

写真拡大

2014年9月21日、中国メディア・鳳凰体育によると、韓国・仁川で開催されているアジア競技大会の初日に運営ミスが続出したことに、韓国のネットでは「世界に恥をさらした」などと批判の声が集中している。

【その他の写真】

大会初日の20日、午前中にはバドミントンの試合中に停電が発生。午後には重量挙げ女子48キロ級の表彰式で、運営側がインドネシア国旗を間違えて用意し、インドネシア人選手が持っていた国旗を「借りて」表彰式を続けるという騒動もあった。

初日からの運営の大失態に、韓国のネット上には「世界に恥をさらした」「信じられない。団地主催の試合ですらこんなことは起きない」「開会式で赤っ恥をかいたというのに、競技初日にもまたこんな失態。恥ずかしい…」といった書き込みが相次いでいる。(翻訳・編集/NY)