うっかり使うと失笑される勘違い日本語 「お愛想してください」「どうぞご賞味ください」など

ざっくり言うと

  • うっかり使うと失笑される勘違い日本語を5つ紹介している
  • 「お愛想してください」は本来お店側が使う言葉のため、「お勘定」が正しい
  • 「どうぞご賞味ください」や「私は先生の教え子です」なども挙がっている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング