フランスで行方不明の犯罪者が「死亡広告」…男はまだ生きている?

ざっくり言うと

  • フランスで逃亡中の男性が、自分の「死亡広告」を新聞などに掲載した
  • 警察が葬儀会場に行くと、困惑した容疑者の祖母がいただけだった
  • 検察官は情報を「きわめて誇張されたもの」で、男はまだ生きていると述べた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング