“ツンデレ”な二階堂ふみ解禁、20歳誕生日記念で「日々ロック」から。

写真拡大

女優の二階堂ふみが9月21日、記念すべき20歳の誕生日を迎えた。これに合わせ、最新出演作「日々ロック」の中から、怖めの“ツン”とキュートな“デレ”画像が解禁。本作ではツンデレ女子を魅力たっぷりに演じている。

二階堂が本作で演じるのは、凶暴だけど超絶可愛いアイドル・宇田川咲。ある晩、ライブをしていた主人公・日々沼拓郎(野村周平)率いる3ピースバンド、ザ・ロックンロールブラザーズの前に乱入し、「お前、童貞だろ? 生の女抱いてからロックしな!」と拓郎の頭をビール瓶でぶん殴り、強引にギターを奪った女が宇田川咲だ。

“ツン”どころでは済まされない凶暴さに拓郎たちは茫然……。しかし、少しずつ距離を縮めていくうちに、時折垣間見えるのは可愛すぎるデレっぷりだった。

「あん時の拓郎すっげぇよかったよ」や「お願いがあるんだけどさ…」の一言に思わずドキッとしてしまうこと間違いなし。怖い…可愛い…また怖い…でもやっぱり可愛い…の想いが繰り返される中、次第に拓郎の頭の中に巡るのは咲のことばかりに。ヘタレの拓郎とトップアイドルの咲、決して交わるはずのなかった2人の運命は果たして。

なお、9月23日(火・祝)には、TOKYO FM「School of LOCK !」 にて、宇田川咲が歌う楽曲の一つ「SUNRISE」が解禁される。こちらも注目しておきたいところだ。

☆「日々ロック」ストーリー

金なし風呂なし彼女なし。童貞ヘタレロッカー・日々沼拓郎(野村周平)。そんな拓郎が友人の草壁(前野朋哉)、依田(岡本啓佑)とともに結成した、名前からして猛烈ダサいバンド“ザ・ロックンロールブラザーズ”は、知る人ぞ知るライブハウス「モンスターGOGO」に住み込みで働いていた。

鬼より怖いオーナー・松本(竹中直人)に「家賃も払えねえゴミくずども!」と罵られつつ、ステージに立たせてもらうどん底な日々。拓郎は全裸でギターを抱え、魂を奮いたたせて歌うが、客は毎回数えるほどだった。

そんなある晩、ライブをしていた三人の前に酔っぱらった女が乱入してきた。「お前、童貞だろ? 生の女抱いてからロックしな!」。拓郎の頭をビール瓶でぶん殴り、強引にギターを奪った女は名曲「雨あがりの夜空に」を熱唱し、観客の心を鷲づかみにしてしまう。

松本の姪っ子だという彼女の名前は、宇田川咲(二階堂ふみ)。斬新なスタイルでカリスマ的な人気を誇るデジタル系トップアイドルだ。フロアは大混乱、咲と三人は血とゲロにまみれた大乱闘。だが迎えのリムジンに飛び乗る直前、彼女はこう言い残して去っていく。「お前らダセーけど、けっこー良かったぞ!」少しずつ距離を縮めていく咲と拓郎たちだったが……。