現在大ヒット中のシャープ「ヘルシオお茶プレッソ」誕生の舞台裏はいかなるものか──作家の山下柚実氏が取材した。
 
 * * *
 目の前に不思議な形をした装置が置かれた。一見するとコーヒーメーカーに似ている。しかし、途中から「竹」の素材でできたパーツと合体している。何とも奇妙な姿。
 
「社内も取材の方も、まだ見た人は少ないはずです」とシャープ調理システム事業部の田村友樹氏(49)は言う。実はこれ、今大人気の「へルシオお茶プレッソ」の出発点となった、試作機だ。

 2014年4月、シャープが発売した「ヘルシオお茶プレッソ」は、市販の茶葉を挽き粉状にして本格的な茶を点てるという世界初の「お茶メーカー」。話題は沸騰し、消費者だけでなく茶葉生産者や販売者の関心も一手に集めて予約殺到。当初の生産計画を5倍の月2万台に引き上げて増産している最中だ。

「茶道をお手本に、石臼や茶筅という伝統的な道具に学びながら、機能を写し取っていきました」と田村氏。そのユニークな開発プロセスを、試作機が雄弁に物語っている。

 これまで薄型テレビ等のデジタル家電が牽引してきた家電市場。しかし2012年、逆転現象が起こった。冷蔵庫や洗濯機といった白物家電の出荷額が、デジタル家電を抜き去ったのだ。白物の国内出荷額は2兆4千億円超、今では利益の半分以上を稼ぎ出す存在に。同時に高級化・高付加価値化も進み、外国家電も流入してくる激戦区へと様変わりした。そんな市場で久々に日の丸家電の底力を見せた「ヘルシオお茶プレッソ」。誕生の秘密に迫った。

「まず、従来の石臼の構造から学びました。茶葉を挽く石臼は回転速度が遅いので摩擦熱が抑えられ栄養分を壊さない利点があります。が、時間がかかる。まろやかな口当たりにするために20ミクロンまで細かくしなければならない。結局、上の臼と下の臼の接触面にどのような模様を刻むかがポイントでした」

 臼の表面の溝の深さや線の間隔、角度などの模様によって、粒子の細やかさや挽く時間が変化していくことがわかった。試作しては修正し、30個ほど試行錯誤。2分で1人分が挽けるセラミック製臼が完成したのは、何と発表1か月前。もう一つ壁があった。粉と湯を混ぜる技術だ。

「マドラーやミキサーなどを改良してみましたが、泡が大きすぎたり粒子が混ざらなかったり。失敗続きでした」

 結局田村氏が立ち戻ったのは、伝統的な竹の茶筅だった。

「職人が極めた茶筅を超える道具は無いと確信し、茶筅の形を観察し小さなスリット状の回転羽根に茶筅の機能を落とし込んでいったのです。低速と高速の回転を組み合わせ、やっと細やかな泡立ちを実現できました」

 優れた新商品を出しても真似されやすいのがデジタル家電だ。しかし、「お茶プレッソ」は前例となるデジタルデータが無い。職人の経験値、その結晶としての臼や茶筅という道具があるだけだ。

「だから簡単には海外メーカーが真似できないし、パテント(特許)もおさえてあります」

 液晶技術を軸足にデジタル家電へと依存を深めていった結果、苦境に立たされたシャープ。しかし今、もう一度、「目のつけどころがシャープでしょ」という原点回帰がスタートした。

 血みどろの競争を強いられるレッドオーシャンではなく、誰も競合相手のいないブルーオーシャンへ。さらには和文化を取り入れた独壇場の「グリーンオーシャン」へと漕ぎ出したのだ。

「ヘルシオお茶プレッソ」の挑戦は、リノベーションから「和ノべーション」へと向かう、日の丸家電の新しい道筋を指し示してはいないだろうか。
 
※SAPIO2014年10月号