写真提供:マイナビニュース

写真拡大

将棋のプロ棋士がコンピュータ将棋ソフトとタッグを組んでトーナメントで対局する「将棋電王戦タッグマッチ2014」1st RoundのAブロックが20日、東京・六本木のニコファーレにて行われ、森下卓九段・ツツカナ組が優勝した。

Aブロックは、屋敷伸之九段・ponanza、森下卓九段・ツツカナ、加藤一二三九段・やねうら王、高橋道雄九段・YSS、中村太地六段・習甦の5組が出場。決勝ではトーナメントを勝ち進んだ森下卓九段・ツツカナ組と中村太地六段・習甦組が対戦し、相矢倉の戦いから二転三転する熱戦を森下卓九段・ツツカナ組が196手で制し優勝した。消費時間は両者1時間。表彰式で森下卓九段は「まさか優勝できるとは思わなかった。ツツカナのおかげ」、中村六段は「参考になる内容だった。公式戦に生かしたい」とそれぞれに対局を振り返っていた。

優勝した森下卓九段・ツツカナ組は、10月12日に行われるファイナルラウンドに進出する。「将棋電王戦タッグマッチ2014」は、プロ棋士がコンピュータ将棋ソフトを操作し、ソフトの推奨手を参考にしながら対局するトーナメント戦。9月20日の1st Round Aブロック、23日の1st Round Bブロックを経て、10月12日のFINAL Roundの3日間にわたって開催。1st Round Aブロックと1st Round Bブロックの勝者がFINAL Roundへ進み、シード組の佐藤慎一四段・ponanza 2013年ver.、久保利明九段・習甦とトーナメントで激突する。

次回は9月23日の1st Round Bブロックで、佐藤紳哉六段・やねうら王、菅井竜也五段・習甦、西尾明六段・ponanza、船江恒平五段・ツツカナ、阿部光瑠四段・YSSの5組が出場。本日と同じくニコファーレにて行われ、全対局が動画サービス「ニコニコ生放送」にて生中継される。