産科医の都道府県格差が深刻に 福島など9県で将来的な見通し立たない状況

ざっくり言うと

  • 全国の9県で、産科医不足が危機的状態になっていることがわかった
  • 福島、千葉などでは若手医師の割合も低く、将来的な見通しも立たない
  • 人口10万人当たりの産科医数は茨城の4.8人が最少で、都道府県間に格差も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング