描いていることを忘れるほどに作品に没頭させてくれる「Cintiq Companion Hybrid」

写真拡大

なにかを生み出す作業には、「集中」が必要だ。クリエイティヴに没頭する時間を得るために、人はアイデアを整理し、心のノイズを消し去る自分だけの儀式なり、道具をもつものだ。PVやCMのフィールドで活躍する映像ディレクター、高瀬祐介が、クリエイティブタブレット「Cintiq Companion Hybrid」を手にして、気づいたこととは。

「描いていることを忘れるほどに作品に没頭させてくれる「Cintiq Companion Hybrid」」の写真・リンク付きの記事はこちら

高瀬裕介 | YUSUKE TAKASE
映像ディレクター
1980年生まれ。京都精華大学映像学科卒業。アニメーション制作会社STUDIO4℃に入社。CGI監督、演出を経て、THE DIRECTORS FARMに参加。CM、ショートフィルム、MVを中心に活動。アニメーションと実写の新たな表現を模索している。2011年、CGI Directorとして制作に携わった「Attraction/魅力」 がカンヌ国際広告祭サイバー部門銀賞を受賞。

CG・アニメーションの現場を経由して、現在は映像ディレクターとしての仕事を主なフィールドとしている高瀬裕介。彼の仕事への姿勢をひと言で言うなら、ストイックという言葉がふさわしい。

コンテに没頭する一日

例えばある日の朝。まずはカフェに入って約2時間、どんな映像をつくっていくか、文章で書き起こす。書き終えたら別の店に移動して、文章をもとにラフスケッチを描いていく。それが終わったら、しばらくは思索の時間だ。「アイデアをいったん落ち着かせるために」屋外をずっと歩き回りながら、描いた映像を何度も何度もループ再生させる。

そして手近な店に入り取りかかるのは、「画面の設計図」たるラフコンテとして描いていく作業だ。出来上がったらさらにもう1軒、別の店へ移動して、コンテの詳細を描き込む。

「けっこう疲れてきてます、この時点で。あまりにも考えすぎて、気持ち悪くなってしまうくらい」

おおよそ大枠が出来たと思ったら、家に帰り手描きのコンテをスキャンして、デスクトップのWindowsマシンとペイントツール『SAI』、それからペンタブレットで仕上げを施す。作業が終わるのは、朝の5時くらいのことだ。

「1日くらい経つと、不要な部分や意味のないカットを発見できます。それをさらに修正したり、もう一度描き直したり。それを、時間の許す限り繰り返します」

なぜ、コンテにこだわるのか

高瀬がそのキャリアをスタートさせたのは、アニメーションを主体とするクリエイティヴカンパニー、スタジオ4℃だ。

そこで高瀬は、実際に手を動かすCGデザイナーをはじめ、多彩なポジションを経験した。「何でもやらせてくれる」会社だったからこそ、その経験はいまの彼に直接つながっているのだと言う。

「CGデザイナー時代は、周りにはいつも、山のようにコンテが積んでありました。毎日大量のコンテを見ているので自ずと、いいコンテだとやる気が出る。コンテを見たときに『これ、やりたい!』と思えるかどうかはとても大事なことです。だからいま、ぼくはコンテをしっかり描きたいし、もっともっとその精度を上げていきたいと思っています」


締切り、緊急延長!(〜締切り9/30)
CREATIVE HACK AWARD 2014、作品エントリー受付中!

問い合わせ多数につき、作品の募集締切を9/30まで延長しました。昨年に引き続き開催する『WIRED』主催のクリエイティヴ・アワードでは、今年は「グラフィック」「ムーヴィー」「3Dプロダクト」「アイデア」という4つの部門を設定。作品募集テーマは「コネクト”つながり”を発見し、改変せよ」。既成概念を壊す(=HACKする)野心と、世界と伍するビジネスマインドを併せもつクリエイターからの応募を、お待ちしています!

Cintiq Companion Hybridは、Android OSを搭載した液晶ペンタブレット。MacBookと接続してデュアルディスプレイ環境を実現できるだけでなく、スケッチブックがわりの”持ち歩ける液晶ペンタブレット”にもなる。

演出を施す役割としてコンテをつくり、実作業を人に託すことが増えてきた高瀬だが、ペンタブレットを使うようになってからは、多くのスタッフとの間でゴールを共有する際にコミュニケーションがより円滑に運ぶようになっているのだと言う。

「上がってきた映像に対して修正をお願いすることも、あります。そんなときの『何かちょっと違う?』という感覚は、言葉で伝えることも大事ですが、描いてみて『こうして欲しい』と伝えることが大切だと思っています。そのとき、ペンタブレットで描き込むと、伝わる速度が断然速いんですよね」

「描いている」を意識しない

コンテを描くとき、彼は鉛筆で紙に発想を定着させてきた。

「絵を描くツールは鉛筆以外にもいろいろ試していて、タブレット端末を試してみたこともありました。でも、そのときの感覚は薄い”膜”をさわっているようで、ちょっと違和感があったんです」

取材時に高瀬が手にしていたのは、クリエイティブタブレット「Cintiq Companion Hybrid」。PCにつないで使用できるだけでなく、Android OS を搭載しており、”持ち歩けるデジタル・スケッチブック”として機能する液晶ペンタブレットだ。これがあれば、外では紙と鉛筆を携えコンテと向き合い、PCで作業していく彼の一日は大きく変わるのでは?

「下書きからデジタルで作業できるなら、わざわざスキャンする手間も必要ない(笑)。いつも紙が増えてしかたないんです。デスクから離れた環境でもコンテをフィニッシュまでもっていくことができるワークフローには、魅力を感じます」

彼が心底欲しがっているのは、創作に没頭するための、自分のためだけのノイズのない時間だ。そもそも、最初に液晶ペンタブレットを手にしたときの感動を、彼は次のように語る。

「絵を描き始めたころから使っていた鉛筆だからこその”無意識”は、ほかでは得られないと思っていました。でもペンタブレットは”無意識”をそのまま大事にできる。さらに、下書きからコンテをデジタルで描けることで、頭の中を、より思いのままに絵として残せる気がします」

頭に描いたものを、そのままアウトプットとしてはき出す。そのとき、場所も手段も選ばずに、イメージしたままをストレートに出力できれば、さらに言うことはない。自分らしく仕事をするためにツールを選ぶ。それは、決して欲張りすぎなことではない。

Cintiq Companion Hybrid|Wacom

締切り、緊急延長!(〜締切り9/30)
CREATIVE HACK AWARD 2014、作品エントリー受付中!

問い合わせ多数につき、作品の募集締切を9/30まで延長しました。昨年に引き続き開催する『WIRED』主催のクリエイティヴ・アワードでは、今年は「グラフィック」「ムーヴィー」「3Dプロダクト」「アイデア」という4つの部門を設定。作品募集テーマは「コネクト”つながり”を発見し、改変せよ」。既成概念を壊す(=HACKする)野心と、世界と伍するビジネスマインドを併せもつクリエイターからの応募を、お待ちしています!