「ニコニコ町会議」檜原村の様子

写真拡大

日本最大級の動画サービス「niconico」と、アニメなどのカルチャーグッズを多数取り扱うアニメイトが参画する池袋ハロウィンコスプレフェス実行委員会が、10月25日(土)と26日(日)の2日間にわたって、豊島区・池袋東口エリアで「池袋ハロウィンコスプレフェス 2014」を開催することが発表された。

同イベントでは、国内だけでなく、世界中からコスプレイヤーの参加を募り、コスプレをしたままで様々な商店街や店舗を利用できるほか、池袋駅前で高野豊島区長が参加するオープニングセレモニー、中池袋公演では「NICONICO COSPLLECTION」などのステージイベントを予定している。


豊島区は、地元住民とともにみなさんを歓迎し、安心、安全な街でコスプレを楽しんでいただきます。豊島区に足を運び、新しい文化の発する熱気を味わって下さい。また豊島区はこのイベントを通し、世界中から注目されているクールジャパンを発信する街、安全・安心な国際アートカルチャー都市をアピールしたいと考えています。みんなで池袋を、豊島区を、日本を盛り上げ、消滅可能性をぶっ飛ばしましょう!

名誉実行委員長・高野之夫さんのコメント



もちろん更衣室は完備されており、誰でも気軽にコスプレを楽しめる環境が整っているという。

消滅可能性都市・豊島区


アニメイト本店をはじめ、同人ショップなどの店舗が立ち並ぶ「乙女ロード」と呼ばれる区域が存在し、サブカルチャーの聖地として特に女性からの支持がアツい池袋。

しかし一方で、池袋のある豊島区は首都圏で唯一消滅可能性都市と判断されており、消滅可能性都市とされた全896自治体の応援のために、世界第2位の乗降者数を誇る巨大ターミナル駅を有する池袋東口エリアを舞台に開催される。

豊島区、豊島区商店街連合会、サンシャインシティ全面バックアップのもと、世界中のコスプレイヤーが池袋の未来を変えていく。