背中のジェットエンジンで時速24kmを目指す中距離走選手(動画あり)

写真拡大

中距離走アスリートにとって、「1マイル(約1.6km)を4分で走る」というのは大きな目標だ。アリゾナ州立大学の研究者はこの夢を、ジェットパックを背中に装着することで実現しようとしている。

「背中のジェットエンジンで時速24kmを目指す中距離走選手(動画あり)」の写真・リンク付きの記事はこちら

多くの中距離走アスリートにとって、「1マイル(約1.6km)を4分で走破」するというのは大きな目標だ(1マイル競走は、世界選手権等の実施種目ではなく、日本ではそれほど盛んではないが、アメリカなどでは根強い人気がある。男性世界記録は3分43秒13、女子世界記録は4分12秒56。なお、1マイルを4分で走破すれば、時速では24.14km/hとなる)。

アリゾナ州立大学の「Human Machine Integration Lab」はこの目標を、つらいトレーニングなく実現できる「ジェットパック」(超小型のジェットエンジン)を開発している

このプロジェクトは、米国防高等研究計画局(DARPA)からの依頼を受けた研究の一環として、同大学が取り組んでいるものだ。DARPAは現在、人間の機能を超人的な領域にまで拡張する各種デヴァイスをつくろうとしている(日本語版記事)。

「ジェットパックといっても、空を飛べるようになるわけではない。われわれが目指しているのは、加速に必要な力の量を減らすことだ」と、プロジェクトに参加した工学部の大学院生ジェイソン・ケレステスは動画で説明している。「俊敏ですばやい動きを可能にする瞬間的な推進力を得ることができる」

開発チームによれば、超小型のジェットエンジンを背負ってトラックを走り回るテストで、被験者のラップタイムの向上が確認できたという。テスト選手になったアレクサンダー・チャピンが1マイルを走るのにかかったタイムは、ジェットパックなしのときは5分20秒だったが、ジェットパックを使うことで18秒縮まった。

これはたいした改善とは思えないかもしれないが、4kgもの重さがあるジェットパックを背負っての結果であることを考えると、期待の持てる内容だ。

200mのタイムについては、ジェットパックを使用した場合には、(これまでより3秒速い)25秒にまで向上した。「1マイルを4分」は「100mを14.91秒」で走る計算になるので、これはかなりいい成績と言えるだろう。しかし、短距離走の全力疾走が、長距離走のスタミナを意味するとは限らない。

TAG

JetpackSportsVideoWiredUK