ハードル高めの女性に「それなら行ってもいいよ」と言わせてしまう食事の誘い方9パターン

写真拡大

たとえ完全に片思いの状況でも、好きな女性がいるなら勇気を出して食事に誘いたいところ。あっけなく断られないためには、どんなテクを繰り出すといいのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「ハードル高めの女性に『それなら行ってもいいよ』と言わせてしまう食事の誘い方9パターン」をご紹介いたします。

【1】「財布持ってこなくていいから」と、奢り宣言する
「好きな人じゃないと、出費が気になるから」(10代女性)というように、損得勘定がネックになることを踏まえて、最初から「奢ります」と伝えてしまうパターンです。遠慮されないよう、「臨時収入があったから」などと余裕を見せておきましょう。

【2】「一見さんお断りの店なんだ」と、予約が取りにくい事情を明かす
「隠れ家っぽい店なら、一度は行ってみたいと思う」(20代女性)というように、プレミア感を演出すれば、女性の好奇心を刺激できるかもしれません。「じつは裏メニューがあるんだよ」などと、ほかの男とはひと味違う上級者風のアピールで気を引きたいところです。

【3】「こんなにオシャレな料理が出るよ」と、スマホで画像を見せながらプレゼンする
「絶品メニューの写真を見せられたら断れない」(10代女性)というように、説得のために魅力的なビジュアル素材を用意する作戦です。メールで誘うなら、お店のHPのリンクを貼るなど、誰よりも「美味しそうな招待状」で脈ナシ女性を攻略しましょう。

【4】「話題の立ち飲み屋で一杯やろうぜ」と、気軽さを強調する
「短時間で帰れそうな店だと、相手が誰でもOKしやすい」(20代女性)というように、カジュアルさを前面に出して誘えば女性の警戒心が和らぐようです。簡単に立ち寄れる駅近の店にするなど、抵抗感を軽減するにはデートっぽさを排除するといいでしょう。

【5】「美肌に効く料理がいっぱいあるよ」と、女心を突く情報を与える
「エステに連れて行ってもらう感覚でお得!」(10代女性)というように、プラスアルファのメリットで女性を釣るパターンです。「君には必要ないかもしれないけど」などと、さりげなく美人として扱えば、まんざらでもない気分にさせられるでしょう。

【6】「恋愛の相談に乗ってくれない?」と、女子会感覚を演出する
「デートじゃないなら行きやすい」(10代女性)というように、「自分が標的ではない」と感じさせることで、承諾を得る方法です。相手のグチや悩みも聞き出すなど、まずは友だちとして信頼関係を深めてから、恋に発展させたいところです。

【7】「俺が運転するから任せて!」と、車でしか行けない穴場に案内する
「めったに行けない場所に連れて行ってくれるとポイント高い」(20代女性)というように、「車でプチ遠出」の特別感で、ウンと言わせるパターンです。「ついでにアウトレットモールに行けるよ」などと、相手の好みに合わせた情報で期待感を刺激しましょう。

【8】「季節限定のスイーツもあるんだよ」と、旬の情報をアピールする
「『今しか食べられない』と思うと断るのがもったいない」(20代女性)というように、レア度の高さをちらつかせれば、女性のミーハー魂をゆさぶることができそうです。開店直後のお店を選ぶなど、情報の鮮度で勝負すれば興味を持ってもらえるでしょう。

【9】「君といっしょに行きたいんだ」と、恋心をちょい出しする
「堂々と口説かれたらドキッとして前向きに考えたくなる」(10代女性)というように、あえてストレートに想いを口にする「男らしさ」で女性のガードを崩す作戦です。「1回だけでいいから!」などと、相手が根負けするような押しの強さで迫ってしまいましょう。

脈ナシ女性を食事に誘うときは、いかに魅力的なメリットを用意できるかで勝敗が分かれるようです。努力次第でOKがもらえるのであれば、簡単に諦めてはいけないでしょう。(浅原 聡)

【調査概要】
期間:2014年4月26日から27日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査