『ボーカロイドオペラ 葵上 with 文楽人形』より

写真拡大

短編映画『ボーカロイドオペラ 葵上 with 文楽人形』が、9月20日から東京・下北沢のトリウッドで上映される。

【もっと写真を見る】

同作は、文楽とボーカロイドのコラボレーションによって、『源氏物語』の『葵』の一節を現代劇に再編したオペラを撮影したもの。ボーカロイドのVY1V3、猫村いろは、結月ゆかりが人間では不可能な音域を交えながら歌い、現代的なオートクチュールドレスを身につけた文楽人形が登場人物を演じている。

同作が初公開されたのは、7月25日からイギリスで開催された日本食を中心としたカルチャーイベント『ハイパージャパン』。9月10日からトリウッドで日本初の上映が開始され、連日満席を記録したことから今回追加上映されることとなった。

なお、10月4日からドキュメンタリー映画『ナニワのシンセ界』を上映。同作は、シンセサイザーの開発者や、巨大なモジュラーシンセを扱う女性、貴重なシンセサイザーを飾って店内に電子音が鳴り響かせる蕎麦屋など、2014年の大阪のシンセサイザーシーンを追った作品となっている。