ライゾマティクス齋藤精一が語る「新しいクリエイティヴの生み出し方」【Creative Hack】

写真拡大

クリエイティヴを生み出すアイデアやは、急にでてくるものではなく、日々のちょっとした行動の積み重ねを経て生まれてくるとライゾマティクス齋藤精一は語る。きたるCREATIVE HACK AWARDに向けたオープンセミナーで、次世代のクリエイターに向けて齋藤が語った内容をレポートする。

「ライゾマティクス齋藤精一が語る「新しいクリエイティヴの生み出し方」【Creative Hack】」の写真・リンク付きの記事はこちら

齋藤精一︱SEIICHI SAITO
1975年神奈川県生まれ。ライゾマティクス代表取締役/クリエイティヴ&テクニカル・ディレクター。
建築デザインをコロンビア大学(MSAAD)で学び、2000年からニューヨークで活動を開始。その後 ArnellGroup にてクリエイティヴとして活動し、03年の越後妻有アートトリエンナーレでアーティストに選出されたのをきっかけに帰国。アート制作活動と同時にフリーランスのクリエイティヴとして活動後、06年にライゾマティクスを設立。建築で培ったロジカルな思考をもとに、アートやコマーシャルの領域で立体作品やインタラクティヴ作品を制作する。09年〜13年に、国内外の広告賞にて多数受賞。現在、東京理科大学理工学部建築学科非常勤講師も務める。

今回のCREATIVE HACK AWARD 2014から、3Dプロダクト部門がはじまった。3Dプリンターやレーザーカッターといったツールの浸透と発展によって、さまざまなクリエイティヴのあり方を引き出しているこの分野において、新たなる才能を引き出すためである。齋藤自身、普段から3Dプリンターを仕事で使っており、いまやなくてはならない存在だと話す。

「3Dプリンターでモックをつくることもあるが、一番多いのは自分たちでパーツをつくること。会社にあれば、わざわざ工務店や雑貨屋に行く手間が省け、さらに好きなパーツで作業することができる。これは、ものづくりの現場として快適な環境」

アイデアを思いついたら即座につくれる環境は、クリエイティヴのモチヴェイション維持に大きく寄与しているようだ。「雑談で話したことや、飲み会で盛り上がったネタを『じゃあつくってみようか』とすぐにもっていけることが、新しいものを生み出すきっかけとなる」と齋藤は語る。実験を繰り返したり、思いついたアイデアをメモしたりしながら、常に持っているメモ帳に日々書き加えているそうだ。

齋藤は、クリエイティヴはいきなり生まれるのではなく、アイデアの種を頭の中やメモ帳で反すうしながら、アイデアを温め続けることが重要だと語る。

「アウトプットだけをみるとカッコよく見えるかもしれないが、実際は現場では泥まみれになって制作したり、何度もアイデアを練りなおしたり試行錯誤したりしている。アウトプットまでに至る膨大なプロセスこそが、クリエイティヴを生み出す大きなカギだと考えている。そのためには、自分の五感を使って体験し、そこから得たアイデアや普段から周囲の情報や物事を疑いながら、既存の仕組みとは違った視点で考えてみて、自分なら何ができるかを妄想することが大切」


締切り、緊急延長!(〜締切り9/30)
CREATIVE HACK AWARD 2014、作品エントリー受付中!

問い合わせ多数につき、作品の募集締切を9/30まで延長しました。昨年に引き続き開催する『WIRED』主催のクリエイティヴ・アワードでは、今年は「グラフィック」「ムーヴィー」「3Dプロダクト」「アイデア」という4つの部門を設定。作品募集テーマは「コネクト”つながり”を発見し、改変せよ」。既成概念を壊す(=HACKする)野心と、世界と伍するビジネスマインドを併せもつクリエイターからの応募を、お待ちしています!

TAG

CreativeCreative HackCreative Hack AwardRhizomatiksWacom
齋藤は、日々の情報収集としてテレビや新聞、モバイルサイトやニュースアプリなどを活用し、多くの時間をインプットに費やしている。ライゾマティクスのメンバーもリサーチに多くの時間を費やしており、調べ、メモし、思考し続けることを日々続けることがクリエイティヴの第一歩だと指摘する。

「ひたすらインプットし続けて常にアタマをフル回転させると、そこからふとものごとがつながる瞬間がある。それを忘れないように夜中にメモしたり、思いつきからプロトタイプをつくることもある。だからこそ、即座に作業できる環境を身近につくっておくことはクリエイティヴとモチヴェイションの両方にとって必要。膨大な量と質のあるインプットと日々の試行錯誤が掛け合わさったときに、良いアウトプットは生まれる

膨大なインプットがあるからこそ良質なアウトプットが生まれるという意味で、齋藤は「ロケット鉛筆みたいな関係」と表現した。

今回で2回目となるCREATIVE HACK AWARDは、始まったばかりだからこそ誰にでもチャンスは転がっていると齋藤はコメントした。さらに、ある特定の分野に特化したアワードではなく、「HACK」というコンセプトや「コネクト」という今年のテーマにあるような抽象的な応募要件だからこそ、いままで結びつかなかった異分野を結びつけたり、これまでとは違った手法の作品をつくる挑戦の場として使うべきだと語る。

「今回でまだ2回目のアワード。審査員も応募者も一緒になってつくっていくものだと考えている。HACKという切り口と、従来までの枠組みを超える作品を通じてああでもない、こうでもないといった議論をしていきたい」

「コネクト」というテーマとして、なにかしらの引用を行うことが応募の条件となっており、「引用されたクリエイティヴに対してきちんとリスペクトすることは、クリエイターとして最も重要な精神」と齋藤はコメントする。過去を学び、歴史を踏まえながら、先人がつくり上げたものをどう解釈し、引用し、どう自身のクリエイティヴにつなげるか。そこにクリエイティヴの面白さの妙があるのだ。

締切り、緊急延長!(〜締切り9/30)
CREATIVE HACK AWARD 2014、作品エントリー受付中!

問い合わせ多数につき、作品の募集締切を9/30まで延長しました。昨年に引き続き開催する『WIRED』主催のクリエイティヴ・アワードでは、今年は「グラフィック」「ムーヴィー」「3Dプロダクト」「アイデア」という4つの部門を設定。作品募集テーマは「コネクト”つながり”を発見し、改変せよ」。既成概念を壊す(=HACKする)野心と、世界と伍するビジネスマインドを併せもつクリエイターからの応募を、お待ちしています!