U−18日本女子代表候補、杉田妃和や長谷川唯らが選出

写真拡大

 日本サッカー協会は19日、9月28日から10月1日まで行われるトレーニングキャンプに臨むU−18日本女子代表候補24選手を発表した。

 今年行われ、日本が初優勝したU−17女子ワールドカップのメンバーからは、同大会でMVPに輝いた杉田妃和や長谷川唯ら8選手が選ばれた。

 候補24選手は、以下の通り。

GK
木付優(日ノ本学園高等学校)
松本真未子(浦和レッズレディースユース)
西中麻穂(セレッソ大阪堺レディース)

DF
乗松瑠華(浦和レッズレディース)
土光真代(日テレ・ベレーザ)
清水梨紗(日テレ・ベレーザ)
畑中美友香(スペランツァFC大阪高槻)
竹村美咲(日ノ本学園高等学校)
北川ひかる(JFAアカデミー福島)
松原志歩(セレッソ大阪堺レディース)
市瀬菜々(常盤木学園高等学校)
遠藤優(浦和レッズレディースユース)

MF
隅田凜(日テレ・ベレーザ)
水谷有希(JFAアカデミー福島)
小島美玖(JFAアカデミー福島)
安齋結花(ジェフユナイテッド市原・千葉レディースU−18)
三浦桃(大商学園高等学校)
瀬野有希(修徳高校)
長谷川唯(日テレ・ベレーザ)
杉田妃和(藤枝順心高等学校)

FW
籾木結花(日テレ・ベレーザ)
清家貴子(浦和レッズレディースユース)
白木星(常盤木学園高等学校)
小林里歌子(常盤木学園高等学校)