Kindle Cloud Reader(クラウドリーダー)

写真拡大

Amazon.co.jpは2014年9月19日、電子書籍Kindle(キンドル)の一部をパソコン(PC)のブラウザ上で読めるサービスKindle Cloud Reader(クラウドリーダー)の提供を開始した。

Kindleコミックと雑誌をコンピュータのブラウザ上で楽しめるブラウザアプリケーション。クラウドを使用しているので、ウェブブラウザさえあればアプリのダウンロードやインストールをすることなく、いつでもPCやMac上での読書が楽しめる。

前回読み終えた箇所から読書を再開

コンテンツをダウンロードできるので、インターネット接続のない環境でも、オフラインで読書が可能。 他のKindle読書アプリと同じく、どのページまで読み進めたかという読書の進捗情報をKindle端末やKindle読書アプリを手持ちの各種端末間で同期させられる。いつでもどの端末からでも、前回読み終えた箇所から読書を再開できる。

Internet Explorer(インターネットエクスプローラー)、Firefox(ファイアフォックス)、Safari(サファリ)、Chrome(クローム)をサポートしている。

8万3000冊以上のKindleコミックおよび雑誌を、購入後すぐに読むことが可能。