『Colours』(avex trax)

写真拡大

 歌手の浜崎あゆみが8月31日、東京・味の素スタジアムで開催された所属レコード会社・エイベックスの音楽イベント「a-nation stadium fes. 2014」に出演。同29日から31日まで3日間にわたって行われた同イベントの大トリを務めた。

 各スポーツ紙などによると、浜崎はSEXYなボディースーツでポールダンスを披露するなど、観客を大いに沸かせたというが、実際の観客の反応はかなり違っていたようだ。

「今年で13年連続の『a-nation』出演で“皆勤賞”の浜崎だが、ここ数年はまったく観客が盛り上がらなくなっている。ほぼイベントの大トリでの出演だが、会場が味の素スタジアムになってからは、イベント終わりまで会場にいると、最寄り駅が大混雑して帰れなくなるので、浜崎が歌っている間に家路に就く観客の数が年々増えている。おそらく、今年は一番そういう観客の数が多かったのでは」(会場にいた音楽関係者)

 ネット上では、同イベントでの浜崎を揶揄して「貫禄の太トリ」などという書き込みも目立つが、今年は同イベントが韓流勢での集客を狙ったイベントとなっただけに、特に浜崎の“オワコン”ぶりが目立つこととなってしまったという。

「イベントは3日間行われたが、29日のトリはBIGBANG、30日のトリは東方神起で、2日間は両グループのファンが会場の大半を占めチケットは完売。ところが、31日のみはチケットが売れ残ってしまった。それでも、同日、売り出し中のK-POPグループ・SUPER JUNIORメンバーのユニット・DONGHAE & EUNHYUKが出演。2人のファンもかなりいたが、やはり、浜崎が出演する前には会場を後にしていた。今年の浜崎は特に話題性もなく、ヒット曲もなく、ほかのアーティストのファンを引きつけるものがなかったので、そうなるのも自然の流れ。来年以降、浜崎がどう扱われるかが注目されているようだが……」(同)

 とはいえ、もはや、そんな光景さえもまったく話題にならなくなってしまった浜崎。最近は、神奈川県内の豪華別荘を売りに出したと週刊誌で取り上げられたぐらいだが、「結婚した米国人の年下男性との“スピード離婚”がささやかれているが、それも近いかもしれない」(芸能デスク)というだけに、まだまだ本業以外ではその動向が気になるところだ。