橋本愛オフィシャルブログ「AI HASHIMOTO」より

写真拡大

 国民的ドラマとなった『あまちゃん』で一躍ブレイクを果たした橋本愛が、先日、Instagramで衝撃の告白を行った。それは「18になったときロマンポルノやピンク映画を観狂ってた」というものだ。さらに、先日惜しまれつつ閉館した新橋ロマン劇場にも足繁く通っていたと綴り、「魅力的なラインナップにいつも救われていて、はっきり言って青春でした」と回顧している。

 あの美少女・橋本愛がポルノを観まくっている──そういわれると、落合モトキや綾野剛など、熱愛報道も多い彼女だけに「やっぱり肉食系女子なんだ」と落胆したり、「非処女確定」と憂う男子諸君も多いかもしれない。しかも橋本は、前述の新橋ロマン劇場が閉館するラスト3日間も出向き、「這ってでも行く気だったので、無事見届けられて良かったです」と感想を述べているのだが、その上映作品は『恋人たちは濡れた』『人妻集団暴行致死事件』『(秘)色情めす市場』と、刺激的なタイトルが並ぶ。

 たしかに、もし女子に好きな映画は?と尋ねて、「『(秘)色情めす市場』かな」と答えられたら、ドン引きするかもしれない。だが、橋本愛は、エロを求めて這ってまでポルノを観に行っていたわけではないはずだ。というのも、ロマンポルノはエロ映画という枠にはおさまらない、むしろ邦画界において名作の宝庫だからだ。

 たとえば、橋本は好きな女優として「宮下順子さんと芹明香さん」と、日活ロマンポルノを代表する二大女優の名を挙げているのだが、そんなふたりが共演している映画が、橋本も観た『(秘)色情めす市場』(1974年公開)だ。

 物語の舞台は、大阪のドヤ街・西成。芹明香が演じる主人公は19歳の売春婦で、母親も同様に売春婦をして生計を立てており、知的障がいを抱える弟と暮らしている。子を身ごもるも堕ろす金がなく泥棒をはたらく母に、母の客であろうと身体を売り、さらには実弟とも関係する主人公......。

 このようにストーリーを紹介すると、エロというより悲惨さしか感じられないかもしれないが、映画に漂うのは悲惨さよりも絶望を超越したような自由さだ。ドキュメンタリーのように西成の労働者たちの姿を活写しながら、その街でふわふわと宙に浮いたように生きる主人公。終盤でモノクロだった画面がカラーに変わるのだが、通天閣をバックにワンピースの裾を揺らして踊るように回る芹明香の鮮やかさは、日本映画でも屈指のラストシーンだ。

 実際、公開当時も本作は高く評価され、74年の「映画芸術」でその年のベストテンで3位に輝き、「キネマ旬報」でも19位にランクイン。監督を務めた田中登は次作で宮下順子主演の『実録・阿部定』でも、「映画芸術」2位、「キネマ旬報」10位を獲得している。『日活ロマンポルノ全史』(松島利行/講談社)によれば、この『実録・阿部定』を映画評論家の松田政男は「バタイユふうに言うならば"死にまで至る生の賞揚"にひたすら没入しつづけるのみ」と評しているが、日活ロマンポルノはたんなるポルノではなく、セックスという営みを通して人間の生や業をじつに映画的に表現してきたのだ。また、日活ロマンポルノやピンク映画は、名匠と称えられる神代辰巳をはじめ、相米慎二、森田芳光、現在も活躍する周防正行、滝田洋二郎といった監督を生み出し、日本映画界の大きな活力となった。

 もちろん、そこには日活ロマンポルノ全盛期だった70年代という時代がはらんでいた空気も大きく関わっていた。映画界のみならず、演劇界では唐十郎の「状況劇場」や寺山修司の「天井桟敷」などのアングラ演劇が小劇場ブームを起こすなど、"新しい表現"を求める気運は高かった。とくにロマンポルノは警視庁からの摘発も受けたが、前出の『日活ロマンポルノ史』によると、「摘発を受けて逆に元気づいた」。50年代末からの学生運動にはじまり、「管理されせばめられていく空気に対する反発はさまざまにくすぶり続け」ていたからだ。

 他方、ロマンポルノに出演する女優は、「新しいタイプの女優の先陣を切った」ともいえる。たとえば、橋本も好きな宮下順子は、高校時代からジャズ喫茶に入り浸る"アングラ女子"だったといい、いまも名バイプレーヤーとして映画やドラマで活躍中の伊佐山ひろ子は「取材をすっぽかしたりする気まぐれ、大胆、率直な言動は、因習に縛られた映画界、芸能界をあざ笑うかのようだった」という。これは、当時、ロマンポルノで活躍した監督たちの映画に出演していた桃井かおりや秋吉久美子にも当てはまる。彼女たちは「ときに奇矯な、物怖じしない歯に衣着せぬ発言で話題をさらった」というが、マスコミに"不機嫌女優"などと書き立てられることもある橋本にとっては、こうした先輩たちの自由さに憧れもあるのかもしれない。

 橋本はロマンポルノ好きを公言した際に、「生活から文化もロマンも無くなったらもうテレビのニュースしか残らないよ、守っていかなきゃ〜」と書いている。クールに見えて、その実、名画座でおじさんたちと肩を並べてロマンポルノの名作を鑑賞しつづけたという橋本の表現への貪欲さは、女優としてはすばらしい姿勢。ぜひ先輩たちを見習って、脱ぎっぷりのいい、器の大きい女優になってほしいとも思うが......そのあたりはどうなのか、今後も楽しみだ。
(サニーうどん)