鮪納豆  【材料】鮪の赤身…100g/納豆…1パック/卵黄…1個/葱…1/2本/海苔…適量/醤油…大さじ1/練り辛子…適量  【作り方】)遒録べやすい大きさの角切りにする。⊂潴に練り辛子を溶いて、1を漬けて10分ほど置く。G柴Δ惑瓦蠅出るまで混ぜ、葱と汁気を切った2を混ぜる。ご錣棒垢蝓葱と刻んだ海苔、卵黄を乗せる。

写真拡大

 鮪は、江戸時代と現在とで、価値観が大きく違っている食材の一つです。

 なぜなら、相模湾などで獲れる鮪は、江戸の魚河岸に運ばれるうちに傷み始めてしまうからです。

 特に脂身は傷みが早く、現在では高価な大トロの部分などは、身崩れしている上に臭くて食べられないというので、「だんだら」や「ズルズル」などと呼ばれ、畑の肥料などにされていました。

 鰯や秋刀魚などと同様に下魚《げぎょ》として扱われ、魚好きの猫もまたいで通るというので、「猫またぎ」などという別称で呼ばれることもありました。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)