9月特集 アジア大会2014の発見!(2)

 5−4−1から、4−3−3へ。

 アジア大会のグループリーグ第2戦。この世代で「アジア最強」と言われるイラクとの一戦を迎え、U−21日本代表を率いる手倉森誠監督はシステムを変更してきた。中盤の底、いわゆるアンカーとして起用されたのは、湘南ベルマーレでセンターバックを務める遠藤航 ――。指揮官が温めてきた新システムを披露した瞬間だった。

 4−3−3といえば、先日、初陣を飾ったばかりのハビエル・アギーレ監督率いるA代表がベースにしている布陣である。しかも、展開力とバランス感覚に優れたセンターバックのアンカー起用も、A代表と共通するもの。ウルグアイ、ベネズエラと戦ったアギーレジャパンでも、普段はセンターバックの森重真人がアンカーで起用されていた。

 手倉森監督がアギーレ監督の選手起用に影響を受けているのは確かだろう。だが、単にマネしたのかというと、そうではない。今年1月にオマーンで行なわれたU−22アジア選手権でも、試合によっては4−3−3で戦い、8月の福岡キャンプでは本格的に導入している。その合宿に不参加だった遠藤のアンカー起用も、その時点で匂わせていたからだ。

 4−3−3の採用や、攻撃力に優れたセンターバックのアンカー起用に限らず、アギーレ監督と手倉森監督に共通点は多い。

 4−3−3をベースに複数のシステムを使い分けると明言したこと。全選手に高い守備意識を求めていること。戦況や相手によって戦い方を柔軟に変えると宣言していること。スタイルは二の次で、勝負にこだわっていること......。

「スタイルはあまり重視していない。重要なのは良いプレイをして、勝って、上に行くことだ」とアギーレ監督が言えば、手倉森監督も「最大の戦術は勝つこと。理想のサッカーができれば最高だけど、勝てなければ話にならない。そういう意味では、勝つために割り切らなければいけないこともある」と語っている。

 もともとふたりは似た考えの持ち主なのかもしれないが、A代表とU−21代表(=五輪代表)が戦術面や選手起用において共通点が多いのは、ポジティブなことだ。アギーレ監督が五輪代表世代の選手をA代表に引き上げやすいし、引き上げられた選手もA代表に馴染みやすい。それはすなわち、A代表の底上げがなされやすいことを意味している。

 A代表と五輪代表の連携は、今後さらにスムーズになることが予想される。というのも、オリンピック予選の方式が今回から変更されたからだ。これまでは、数チームによるホーム&アウェー方式で長期間に渡って行なわれていたが、今回からセントラル方式の短期決戦になったため、A代表と五輪代表の活動が重なる機会が少なくなったのだ。

 つまり、A代表のコーチも兼任する手倉森監督が、アギーレ監督のもとで仕事をする機会が増えることになる。手倉森監督は言う。

「これまでの五輪代表監督よりも、A代表の活動に(コーチとして)携われる。それは、自分にとって好都合」

 アギーレジャパンの初陣では、さっそく五輪代表世代から松原健がA代表に抜擢された。その背景には、内田篤人が負傷中であるということ、また、アジア大会には原則として各クラブ1名からという約束事があり、アルビレックス新潟から鈴木武蔵を選出したため、松原を招集できなかったという事情があった。そこで、手倉森監督が推薦したという。

「誰かいないかっていう話になったから、マツケンっていうのがいますよって。本当は他にも何人かいたんです。(松原は)試合には出なかったけど、五輪代表世代の選手にA代表の雰囲気を味わわせてくれたのは大きい」

 同世代の仲間がひと足先にA代表に呼ばれたことが、U−21代表の選手たちの刺激になっていないはずがない。

 また、システムや戦術に共通点が多ければ、参考にすべき選手、ポジションを奪いに行く相手も分かりやすい。遠藤は森重、岩波拓也は吉田麻也、大島僚太や原川力は柴崎岳、野津田岳人は本田圭佑、中島翔哉は柿谷曜一朗や武藤嘉紀というように......。イラク戦でアンカーに挑戦した遠藤が言う。

「(森重のアンカーでのプレイを見て)イメージは膨らませていました。攻撃のときのボールの受け方はイメージしていたようにできたと思うので、守備でもう少しボールを奪うことができれば、周りをもっと楽にできたんじゃないかって思います」

 もちろん、A代表と五輪代表の連携が深まり、引き上げやすくなったからと言って、アギーレ監督のチームに必要とされるかどうかは、この先の成長次第となる。現実を言えば、現段階ですぐA代表のスタメンを張れる選手は、まだいない。

 4年前、アジア大会に出場したメンバーからは、山口蛍、東慶悟、鈴木大輔、工藤壮人の4人がその後、A代表に引き上げられ、山口が主力としてブラジルW杯に出場した。今大会に出場している選手の多くが近い将来、アギーレジャパンに招集されるようになったとき、A代表の底上げにつながっていく――。

飯尾篤史●文 text by Iio Atsushi