毎号3DS用オリジナルゲーム付! ゲーム総合誌「デンゲキバズーカ!!」創刊

写真拡大

KADOKAWAのブランドカンパニーであるアスキー・メディアワークスが、10月21日(火)に小学生男子向けゲーム情報誌「デンゲキバズーカ!!」を創刊する。

価格は880円(税込)で、毎号、3DS用のオリジナルゲームが付いてくる。

ゲーム情報誌初! ニンテンドー3DS用のゲームが付録に!



「デンゲキバズーカ!!」では毎号、付録として、ニンテンドー3DS用のオリジナルゲームをダウンロードできる。このゲームは、掲載されるオリジナルコミックと連動し、コミックの戦闘シーンをゲームの映像や音楽で楽しめるなど、今までにない広がりが期待できそうだ。

ほかにも、様々な媒体のゲームやホビー情報など、小学生男子が大好きなコンテンツ情報を網羅。創刊号では『大乱闘スマッシュブラザーズ for 3DS』『モンスターハンター4G』『ポケットモンスター アルファルビー・オメガサファイア』の情報が付録の中で取り上げられる。

また『星のカービィ』『モンスターストライク』『ブレイブフロンティア』などの人気ゲームのコミカライズ作品や、オリジナルコミックも多数掲載され、デジタルとアナログを融合して発信していく。

無料紹介冊子が「東京ゲームショウ2014」で配布!



千葉・幕張メッセで9月18日から21日まで開催中の「東京ゲームショウ2014」の会場では、4-S4に出店している「デンゲキバズーカ!!」ブースにて、無料冊子を配布することも決定。

また、書店店頭でもゲットできるがなくなり次第配布終了とのことなので、気になる方は早めのチェックがおすすめだ。