●もぉ、やだ!!

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©しろ/アース・スター エンターテイメント/ヤマノススメ製作委員会
<キャスト>
雪村あおい:井口裕香
倉上ひなた:阿澄佳奈
斉藤かえで:日笠陽子
青羽ここな:小倉唯
雪村恵:久川綾
ひなたの父:荻野晴朗
黒崎ほのか:東山奈央
笹原ゆうか:牧野由依
小野塚ひかり:儀武ゆう子
夢馬くん:山下誠一郎
ナレーター:鳴海杏子

●ストーリー
インドア趣味で高所恐怖症の主人公・あおいと、山が大好きで常に人を振り回す・ひなた。
幼馴染の二人は、幼いころ一緒に見た山頂の朝日をもう一度見る為に、登山に挑戦することに。
登山を通じてできた仲間に助けられながら、あの時見た山頂を目指す…。

※第二期です!
●オープニング
青羽ここな「(富士山は)すごく…、大きいです…。」

ここなとひなたは富士山の頂上を目指します。あおいやかえでの分まで背負いながら…。

その頃、あおいは…。
●お鉢周り
斉藤かえで「あおいちゃん、大丈夫?御来光見るまで頑張って見る?」

多少高山病の症状が緩和されたものの登山を継続出来るような状態では無いあおい。そこで2人は八合目から下山する事にします。

一方、御来光を見るために頂上を目指していたここなとひなたは無事に到着。電話でかえでにお鉢周りを勧められ、

倉上ひなた「お鉢周り、正直足がしんどいけど…。」

※お鉢周り=富士山の頂上の火口を周る事。
●下山
雪村あおい「頭と足が痛い。でも歩かないと…。」

高山病に苦しめられながらも下山するあおい。彼女に同行するかえでに申し訳ないと思いながらも…。

斉藤かえで「あおいちゃん、なるべく考えないようにして歩くといつのまにか着いているものよ。」

そうは言うものの、なかなかそれが出来ないものなのです。

そうしているうちに五合目のバス乗り場に辿り着いた2人。

斉藤かえで「そろそろバスよ。ところで家に連絡は?」
雪村あおい「そうだ…。」

恐る恐る母に電話するあおい。自らの我儘で登山した富士山の登頂に失敗した事を報告するも、それを慰める母。

斉藤かえで「何で富士山に登ろうと思ったんだろ…。」

帰りのバスでそう思いながら眠るあおいでした。

「ヤマノススメ セカンドシーズン」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「ヤマノススメ セカンドシーズン」第10話「高山病」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ヤマノススメ セカンドシーズン」第9話「富士山に登る!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ヤマノススメ セカンドシーズン」第8話「少し不安もあるけれど」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ヤマノススメ セカンドシーズン」第7話「セクシーな水着!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ヤマノススメ セカンドシーズン」第6話「ある意味最大の難関!」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「ヤマノススメ セカンドシーズン」TVアニメ公式Webサイト
「ヤマノススメ セカンドシーズン」AT-X公式Webサイト