写真提供:マイナビニュース

写真拡大

カプコンは18日、千葉県・幕張メッセで開催中の「東京ゲームショウ2014」にて新プロジェクト発表会を開催し、マーベラスとカプコンの共同開発によるアミューズメント向けカードゲーム『モンスターハンタースピリッツ』を発表した。

『モンスターハンタースピリッツ』は、カプコンの人気ゲーム『モンスターハンター』シリーズ初のアミューズメント用タイトルで、プレイヤーの分身である「ハンター」とこれまでは狩りの対象だった「モンスター」がタッグを組み、迫り来るモンスターを討伐するカードゲーム。ゲームをプレイすると手に入るモンスターカードを集めて育成するなど、これまでの『モンハン』シリーズにはない新要素が詰め込まれている。2015年春に稼働予定。

発表会には、カプコンの代表取締役社長COO・辻本春弘氏とマーベラス代表取締役社長・許田周一氏、カプコンCS第三開発統括執行役員の辻本良三プロデューサーの3人が登壇。辻本春弘氏は本プロジェクトを「『モンスターハンター』をより多くの人に遊んでいただくための挑戦的なプロジェクト」と説明し、許田社長は「これだけのビッグタイトル、マーベラス全社をあげて開発を行っています。今後もカプコンさんとは本作以外でも手を組んでいきたいと思っています」と今後の展望を話した。

そして『モンスターハンター』シリーズを統括する辻本プロデューサーは「藤岡をはじめとする開発スタッフも参加しているので、これから『モンハン』を遊ぶ方も、すでに『モンハン』をプレイしている方も満足いただける内容になっています」と手応えを語っていた。

(トランジスタ)