写真提供:マイナビニュース

写真拡大

パーク24はこのほど、ドライバー向け会員制サービス「タイムズクラブ」の会員を対象に実施した「長時間運転と眠気」に関するアンケートの結果を明らかにした。有効回答者数は6,200名で、調査期間は7月9日〜13日。

クルマの運転中、眠気により危険を感じたことがあるか尋ねたところ、「ある」と81%が回答した。運転頻度別に見ても、毎日運転する人は84%、月に1〜2回程度しか運転をしない人でも76%の人が眠気による危険を感じており、運転の頻度は関係ないようだ。

眠気を感じた時に何をするか聞くと、76%の人が「休む」と回答した。次いで「何か食べる」(37%)、「ドリンク剤を飲む」(24%)、「同乗者と会話する」(23%)となっている。フリーアンサーの中には「歌う、大声を出す」や「窓を開ける、室温を下げる」「体をたたく、動かす」など、体に直接的な刺激を与える回答が多く挙げられた。

連続運転の最長時間について聞いたところ、最も多かったのは3時間(20%)で、2位は4時間(16%)、3位は5時間(15%)となった。3時間〜6時間が全体の6割を占めており、平均時間は約6時間だった。回答の中で最も長い連続運転時間は48時間で、12時間以上連続運転の経験がある人は5%見られた。

(フォルサ)