渡良瀬オーガビッツ駅伝2014

写真拡大 (全2枚)

 豊島が運営するWATARASE orgabits EKIDEN 大会実行委員会は、11月8日に渡良瀬遊水地で、『WATARASE orgabits EKIDEN 2014』(渡良瀬オーガビッツ駅伝2014)を開催する。

 同大会は栃木市が後援し、同社が特別協賛して開催する、今年で4回目となる駅伝大会。会場は栃木県南端の「渡良瀬遊水地」で、大会の名前に使われている「orgabits(オーガビッツ)」とは、同社が2005年から展開するオーガニックコットンブランドである。現在同社は「渡良瀬エコビレッジ」の協力のもと、有機栽培で和綿を栽培する活動をしており、その縁から本駅伝大会を開催しているという。大会当日は、参加賞としてランナー全員に、オーガニックコットンを使用したオリジナルTシャツを配布する。なお、参加賞となるオリジナルTシャツ1枚につき10円を、NPO法人Nature Saves Cambodia−Japanに寄付する。

 競技は1チーム4人で行い、周回通路一周約7.3km(Aコース)と約5.4km(Bコース)、それぞれのコースを4人のランナーが早く周回できるかを競い順位を決定する。参加費は1チーム4人で16,000円(別途エントリー手数料が必要)、申し込みは10月8日まで「エムスポエントリー」「ランネット」で行っている。