白えび天丼

写真拡大 (全9枚)

 全国丼連盟は、第一回『全国丼グランプリ』で、一次選考を通過した「優秀丼」を発表し、WEBでの一般投票受付を9月16日に開始した。

 同大会は、日本全国の素晴らしき丼を多くの人に訴求する事を目的に、天丼やカツ丼、さらに日本各地の“ご当地丼”など全11部門から、日本を代表するにふさわしい「金賞丼」を表彰するコンテストである。選考対象となる丼は、同団体が運営するWEBサイトで募集した全1,262丼から全丼連が審議して選出した「優秀丼」全200種で、見事選ばれた「金賞丼」店舗は11月10日の“いい丼の日”にWEBページにて発表する。

 ノミネートされた優秀丼は、「白えび天丼」(白えび亭・富山県)、「カツ丼」(吉兵衛・兵庫県)、「能登牛丼」(あんのん・石川県)、「特上親子丼」(鳥つね自然洞・東京都)、「バラ丼」(里のうどん・神奈川県)、「よこすか衣笠丼」(上海王・神奈川県)、「肉丼」(札幌軒・東京都)、「鉄火丼」(寿司割烹豊魚・神奈川県)、「ひつまぶし」(あつた蓬莱軒・愛知県)、等々。