織田信成

写真拡大

17日に放送された「超タイムショック」(テレビ朝日系)で、番組中に織田信成が泣き出す一幕があった。

同番組では「女vs男 団体戦スペシャル」と題し、男女別のチームになってクイズで対決。最終対決でアンカーに選ばれたのは、女優のマッハ文朱と織田信成だった。マッハは「これはすごいプレッシャーですね、わたし人生の中でこんなプレッシャー感じたことないです」と困惑した様子。

先攻で挑んだマッハだったが、最低でも11問正解しないと女性チームに勝利はない状況。そんな中、11問正解が難しくなった瞬間から「できない…」「ごめんなさい」と言い、手で顔を覆い泣き出してしまう。結果、正解は3問となった。

不戦勝という形になった織田に、司会の中山秀征が「チャンスはなかったですけど、そのまま優勝という形になりました」と話題をふると、織田は「そうですね、僕もあまり…」と、言葉につまり泣き出してしまう。

男性陣から「何で泣くの!」とツッコミが入ると、織田は「マッハさん頑張られてたんで、感動したなと思って」「自分も凄く緊張してたんで」と、胸中を明かした。

【関連記事】
織田信成がアイス・バケツ・チャレンジを辞退「氷水が苦手」
「先生からのプレッシャーがすごくて」 織田信成が織田信長の子孫であることに関する学生時代のエピソードを明かす
プロフィギュアスケーター・織田信成が殺人事件にコメント 「そういったところが、今回の事件の根本的なところになってくるのかなと」